「古代王朝アユタヤ」


タイ王国の首都バンコクの北約90キロに古都「アユタヤ」があります

残された遺跡は
アユタヤ朝(1351~1767年)の創始時に王都として築かれたもので王宮跡と寺院跡が残ってます

「アユタヤ王朝」は
貿易で国力を上げて富を蓄え「上座部仏教(小乗仏教)」を信奉していた歴代の王はその富を背景に多くの寺院を建立されました
絢爛たる黄金で装飾されていたという建築物や仏像は目もくらむほどのまばゆさだったと伝えられてます

1767年にビルマ(ミャンマー)軍の攻撃を受けてアユタヤ朝は滅亡しました
美しい建築物・寺院や仏像は徹底的に破壊され寺院の大半は廃寺となり王宮も台座を残すのみとなり莫大な財宝もビルマ軍に奪い去られました
現在のアユタヤに残る遺跡は大半が修復されたものであり崩れかけたまま無惨な姿をさらしている遺跡も少なくないです
さらに14世紀中ごろ~18世紀ごろまでアユタヤには「日本人町」がありました
最盛期で1000~1500人の日本人が住み政治的にも大きな力をもっていたと云われてます

+++

「アユタヤ」について
アユタヤ県は正式名称をプラ・ナコーン・シー・アユッタヤー県と云います
日本では慣用されアユタヤと書かれるがアユッタヤーがよりタイ語の標準語により近いです
タイ中部にある県の一つて古代アユタヤ王朝の首都でありました

+++

「アユタヤ王朝」
1351年~1767年
現在のタイの中部を中心に展開したタイ族による王朝であります
創設者はラーマーティボーディー1世(ウートーン王)です
タイに起こった各時代の王朝同様中国とインド・ヨーロッパ方面を結ぶ中間に位置する地の利を生かし貿易が国の富として重要でありました
アユタヤ王朝でも王家を中心として独占的な貿易が行われていました
主に中国への米の輸出で国力を付けたほか日本・琉球などの東アジア国家・東南アジア島嶼部・アラブ・ペルシア方面や西洋と活発に貿易を行い莫大な富を蓄えられました
この富を背景にアユタヤでは当時繁栄していたクメール文化を吸収しつつ中国・ヨーロッパ・ペルシャなどの文化の影響を受けた独自の華やかな文化が開花しました

アユタヤー王朝の最初の王ラーマーティボーディー1世はタイの歴史に対して2つの重要な貢献をしてます
(1)上座部仏教を公式の宗教として設立し推進したことすなわちタイ王国と近隣のアンコールのヒンドゥー教国」区別したこと
(2)ヒンドゥー教由来の法典でありタイの伝統的な慣習となったダルマ・シャーストラを編集したこと
19世紀後期までダルマシャースートラはタイの法律を成す一部として残りました

さらにアユタヤを創設したタイ中部はスコータイ朝の領土でなかったことさらにアユタヤ時代が始まる直前までの古い遺跡がタイ中部で見つかっていることから歴史資料としてまだ見つかっていない王朝がすでに存在していたことが窺えます
空白期(アユタヤ朝創設以前のタイ中部)にロッブリーやペッチャブリーはスコータイ朝とは別に中国に朝貢していてウートーン王の出身もタイ中部のある国の王家であろうと考えられてます
ウートーンと‎云うのは「金のゆりかご」を意味していて伝承の中でタイ中部でこの名を持つ王は多いです

+++

ウートーン王は王朝年代記ではラーマーティボーディーという名で記述されてます
王が即位するにあたりスパンナプーム王家(スパンブリー)の協力が不可欠であったことは後の対スコータイ政策で顕著となります
ラーマーティボーディー(1世)は国内統一のためセイロンから仏僧を招いて上座部仏教(小乗仏教)を国家の公式な宗教とするとともにヒンドゥーの法典であるダルマシャスートラやタイでの慣習を元に三印法典を整備しました

「三印法典」
近代的な法典が整備される19世紀までタイの基本法典として機能してました
14世紀末までにはアユタヤ王朝は東南アジア最大の勢力として見なされるようになるが完全に東南アジア地域を圧倒するほどの人口には欠けていました
このため当時衰退しつつあったクメール王朝へ勢力を伸ばしつつあったベトナム勢力に対抗するためラーマーティボーディーは晩年アンコール(クメール人の都市)を攻撃しアユタヤの版図に加えました
しかしアユタヤはアンコールの完全な掌握を遂行することはできませんでした
スコータイ王国との関係はスコータイがアユタヤに朝貢する形となったがその後100年かかってアユタヤ朝がスコータイ朝を併合しスコータイ朝は消滅しました
しかしこの過程でアユタヤに新たに興ったスパンナプーム王家とスコータイの王家との姻戚関係が強くなりその後もスコータイ王家は存続したと考えられてます

+++

タイ王国の首都バンコクの正式名称

「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」

<和訳>
「イン神(インドラ・帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった 神が権化としてお住みになる 多くの大宮殿を持ち 九宝のように楽しい王の都 最高・偉大な地 イン神の戦争のない平和な イン神の卓越した宝石のような 偉大な天使の都」


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します