「皇后陛下|ねむの木の庭」



「ねむの木の庭(ねむのきのにわ)」

美智子皇后陛下のご生家
1999年(平成11年)に父正田英三郎氏が死去し遺産相続税の一部として国に物納され品川区が国から公園用地として取得整備し2004年(平成16年)8月26日に「ねむの木の庭」として開園しました
名前の由来は美智子皇后陛下が高校時代におつくりになられた詩「ねむの木の子守歌」に因んでます
公園には様々な樹木や草花で彩られバラ「プリンセス・ミチコ」も植えられてます

品川区立公園(旧正田邸跡地)
<所在地>
品川区東五反田5-19-5
<開園時間>
午前9時~午後5時
<休園日>
12月29日~1月3日

+++

「ねむの木の子守歌」
美智子皇后陛下作詞

ねんねの ねむの木 眠りの木
そっとゆすった その枝に
遠い昔の 夜の調べ
ねんねの ねむの木 子守歌

薄紅(うすくれない)の 花の咲く
ねむの木陰で ふと聞いた
小さなささやき ねむの声
ねんね ねんねと 歌ってた

故里(ふるさと)の夜の ねむの木は
今日も歌って いるでしょうか
あの日の夜の ささやきを
ねむの木 ねんねの木 子守歌

+++

美智子皇后陛下御歌

かの時に
我がとらざりし
分去れの
片への道は
いづこいきけむ


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します