「古代号令|応神天皇」


九州王朝=ワケ王朝

「応神天皇」
日本書記において「誉田天皇」と称され「八幡神」として祀られてます

「応神天皇」の諡号
誉田別」(ホムタワケ)
誉田天皇広幡八幡麿(ホムタノスメラミコト・ヒロハタ・ヤハタマロ)

古事記において「ホムタワケ」と云う発音に「品陀和氣」と云う異なる漢字が当てられてます
ホムタワケが外来語であり漢字が任意に当てられてます
ホムタワケと云う発音はヘブライ語で読むことによりその意味が明確になり応神天皇の使命とイスラエルとの繋がりを見出すことができます

+++

「誉田別」
ホムタはヘブライ語を語源とした「ホマッ」です
壁・城壁を意味し神殿を囲む城壁・神殿を守る壁と云う表現をする際に使われます
城壁とは神殿の類似語でもあり互換性の意味を持ってます
ヘブライ語には「直ぐに立つ」「最初にできる」と云う意味の「bakar」と云う言葉があります
「bekor」と云う「初子」「長子」と云う言葉は母音が変化した「beker=バケー」と云う「初子」「新しい実」「最初にできる」と云う言葉が聖書でも使われてます
「バケ」は「ホムタワケ」の「ワケ」にあたる語源と云われてます

イスラエルの民にとって城壁を修復し立ち上げるということは国家を失った際に破壊された神殿の再建を意味してます

「ホムタワケ」ヘブライ語
「城壁を直ぐに建てよ」
「新しい神殿を立ち上げよ」
「神の都(神殿)を新たに造営せよ」と云う意味です

+++

応神天皇のもう一つの諡号である誉田天皇(ホムタノスメラミコト)には天皇の称号として用いられる「スメラミコト」の読みが含まれてます

ヘブライ語
「栄光の神を奉る」
「栄光在主」
を意味します

「乃」とも書かれる「ノ」は「na=来たれ」と云うヘブライ語の言葉であり
「ホムタ(ノ)スメラミコト」とは
「都(城壁)よ来たれ!栄光在主!」
と云う意味になります

「ホムタワケ・スメラミコト」とは
「新しい都を立ち上げ栄光の神を奉れ!」
と云う号令でもあります

+++

広幡八幡麿の広幡(ヒロハタ)とはヘブライ語で「ユダ族の丘陵」「ユダ王国の丘」を意味します
「ヒリフダ」と云う発音する言葉が変化して「ヒロハタ」になったと云われてます
そして「麿」もしくは「麻呂(マロ)」の語源は「メロ」であり「満ちる」「多くの」を意味します

八幡麿(ヤハタマロ)とは八幡がユダ族を示し「大勢のユダ族」と云う意味となります

誉田天皇広幡八幡麿(ホムタノスメラミコト・ヒロハタ・ヤハタマロ)
ユダ族が豊かに住む王国の丘陵にて都を立ち上げ栄光の神を奉れ!

信仰を宣言し人々を激励する言葉
ほぞかむなひとのほまれなり


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します