「神霊の言霊」


宗教の宗と云う字は宗(ムネ)と読みウ冠のウとは天地万有一切を生み出す神(霊)の経綸の言霊「ウ」であり示すとは天地人の開闢を顕わします
故に宗教とは天地人一切に関する根本真理を開示して神(霊)の意志によって人心を導き民をおさめ一切の万有を安息せしむものであり天文・地文・政治・教育・芸術・経済などありとあらゆるモノに対して根本的解決を与えるべくものです
昨今までの既成宗教とは天に傾き・地に傾き・心に傾き一切の人間界と乖離していて現実界を疎外し厭離穢土・苦の世界・火宅土など種々軽侮的な扱いをなして目に見えない神霊界を賛美渇仰して人間生活の要諦にふれていないものばかりです
龍樹菩薩は空(くう)を説きました
空とは神(霊)であり目に見えず耳に聞こえぬ世界から空と云います
空相とは実相を生み神(霊)より物質が生まれて来ることを意味します
無より有を生じることであり神(霊)がすべての根元でありそれにより森羅万象を生じるものです
故に神(霊)が先で体が後です
家を建てようと思う想いとは空でありその想いの中に建造物が出来上がりやがて設計図となり具体化して実際に現出します
これは空相が実相を生むことであり無より有が生じたのものです
真如実相の真如とは神・仏の絶対無限の力を云い実相とは物質的顕現化であり故に空相とは実相を生むことと同一です

大宇宙には言霊五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」が間断なく鳴り響き轟いていてさらに五大父音より発する75声が種々様々に相交錯して絶えず放たれてます
これは天地進展の響きでありこれにより森羅万象一切が生育発達を遂げてます
故に言霊とは天地森羅万象一切の進展的活動に対して称えたる言葉です
言霊の大道に通じた人は五大父音をはじめ森羅万象より発せられる75声を聞くことが出来得るものです

「道」とは充ち満つるの意でありこの大宇宙には言霊が充ち満ちてます
意識的に発するのが言葉であり無意識的に発するのが音響です
大宇宙には言霊五大父音「ア・オ・ウ・エ・イ」が間断なく鳴り響いていますが人々が発する正しからざる言葉によってこれが濁るため常に天津祝詞を奏上して音律の調節を行なうことはとても大切なことです

ヨハネ伝福音書
「太初に道あり 道は神と偕にあり 道は即ち神なり」
道とは充ち満つる言霊(言葉)であり高天原を顕わし天地とは言霊の幸わう国即ち神(霊)であり祝詞や祈りの言霊によってよい神が顕れると云うことです


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します