「言霊|五十音表」


「空相」とは人間の心の先天(十七言霊:母音・半母音・八父韻「諸法空相・色即是空」)を示してます
「実相」とは目に見える後天現象(三十ニ言霊:子音+文字言霊「ン」「諸法実相・空即是色」)を示してます
「島」とは締まりのことであり心の宇宙のどの位置空間を占めているのかそれらの言霊を示す神々の宝座は何処かを示してます

+++

「淡路の穂の狭別の島(アワジノホノサワケノシマ)」
アとワ(淡路)の言霊(穂)が別れて出て来る(別)狭い(狭)区分(島)です
言霊ウは主客未剖でありアワはそこから分れます

言霊「ウ」
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)です

+++

「伊豫の二名島(イヨノフタナジマ)」
二名とはアとワの二音言霊のことであり宇宙剖判で主体アと客体ワに分れます
この主と客に分かれることが全ての自覚の始まりでありイとヰの現象を創造する働きの予めの区分です

ウ→「ア」高皇産霊神(タカミムスビノカミ)
ウ→「ワ」神皇産霊神(カミムスビノカミ)

+++

「隠岐の三子島(オキノミツゴジマ)」
隠岐とは隠り神であり三つ子とは三段目に現われる言霊という意味です
言霊オ・ヲ(経験知)エ・ヱ(実践智)は文明創造上最も重要な精神性能です

ウ→ア→「オ」天之常立神(アメノトコタチノカミ)
ウ→ア→「エ」国之常立神(クニノトコタチノカミ)
ウ→ワ→「ヲ」宇摩志阿斯訶備比古遅の神(ウマシアシカビヒコジノカミ)
ウ→ワ→「ヱ」豊雲野の神(トヨクモノノカミ)

+++

「竺紫の島(ツクシノシマ)」
竺紫は尽くしの謎であり八つの父韻は言霊イ(伊耶那岐神)の実際活動のリズムであり「身一つにして面四つ」の意味は作用・反作用の陰陽一対四組の知性の律の島です

ウ→ア→オ→「ヒ」於母陀流神(オモダルノカミ)
ウ→ア→オ→「チ」宇比地邇神(ウヒヂニノカミ)
ウ→ア→エ→「シ」意富斗能地神(オホトノヂノカミ)
ウ→ア→エ→「キ」角杙神神(ツノグヒノカミ)
ウ→ワ→ヲ→「ミ」妹生杙神(イモイキグヒノカミ)
ウ→ワ→ヲ→「リ」妹大斗乃弁神(イモオホトノベノカミ)
ウ→ワ→ヱ→「イ」妹須比地邇神(イモスヒヂニノカミ)
ウ→ワ→ヱ→「ニ」妹阿夜訶志古泥神(イモアヤカシコネノカミ)

+++

「伊岐の島(イキノシマ)」
心のすべての現象はここから顕れ出てまた此処に帰ってきます

ウ→ア→エ→キ→「イ」伊耶那岐神(イザナギノカミ)
ウ→ワ→ヲ→ミ→「ヰ」伊耶那美神(イザナミノカミ)

+++

「津島(ツシマ)/天の狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)」
津島の津とは渡し場の意であり未だ言葉として名のつかない秘められている区分です
先天構造内に起った活動が津島という十言霊の現象を経て頭脳内で実際のイメージにまとめられ行く過程でまだ言葉として表現されていない内は全く個人的な恣意であって人間社会に通じることのないものです
先天の活動が言葉の社会であり即ち一般社会に出て行く船の発着場という意味であり先天の何か分らない働きが表現された言葉の世界へ出て行く港の意です
未鳴を真名とも云いまだ言葉として発せられていない考えがまとまっていく段階です

別名「天の狭手依比売(あまのさでよりひめ)」とは先天の天名(あな)が狭い津島という区分(狭)を通って一つのイメージにまとまるよう手で探ることが秘められている(比売)区分と云うことです

「タ」大事忍男神(オホコトオシヲノカミ)
「ト」石土毘古神(イハツチヒコノカミ)
「ヨ」石巣比売神(イハスヒメノカミ)
「ツ」大戸日別神(オホトヒワケノカミ)
「テ」天の吹男神(アメノフキヲノカミ)
「ヤ」屋毘古神(オホヤヒコノカミ)
「ユ」風木津別之忍男の神(カザモツワケノオシヲノカミ)
「エ」大綿津見神(オホワタチミノカミ)
「ケ」速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)
「メ」妹速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)

+++

「佐渡の島(サドノシマ)」
真名とも云い佐渡とは助け(佐)渡す(渡)の意です
何を助け何を渡すのかとは先天の活動が一つのイメージ化されそのイメージを誰にどのような表現で伝えたらよいかが検討されて言葉として表現・発生される処の区分です
どんなに立派な心中のイメージであっても言葉としてまたは絵や記号・詩などに表現しなければ人に伝わることがない心中の発想で終ってしまいます
宗教上の悟りや哲学上の発見もそれが人間の頭脳内のイメージとして捉えられただけでは表現しない限り真理とはなりませんので言葉となって此岸から彼岸に渡されます

「ク」沫那芸神(アワナギノカミ)
「ム」沫那美神(アワナミノカミ)
「ス」頬那芸神(ツラナギノカミ)
「ル」頬那美神(ツラナミノカミ)
「ソ」天之水分神(アメノミクマリノカミ)
「セ」国之水分神(クニノミクマリノカミ)
「ホ」天之久比奢母智神(アメノクヒザモチノカミ)
「ヘ」国之久比奢母智神(クニノクヒザモチノカミ)

+++

「大倭豊秋津の島(オホヤマトトヨアキツノシマ)」とは
別名「天津御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)」と云い先天の活動(天津御虚空)が豊かに明らかな音(根-ね)となって顕れる(津)区分です
大倭は大和とも書きすべてが共存調和すると云う意です
三十二個の言霊がこの区分の言霊の誕生によって全部で揃いそれが豊かに明らかに顕れる(津)区分(島)と云う意味となります
音声が空中を飛ぶ言霊「フモハヌ」とは「神名」とも云い電波・光波でも同じです
声は耳により入って聞いた人の頭脳内で「ああこういうことか」と了解され行動になりその後言葉は先天宇宙に帰り記憶として印画されて言葉の循環はここで終ります
耳から入って了解されるまでの言霊は真名と云います

+++

言霊「ン」
火之夜芸速男の神(ホノヤギハヤヲノカミ)
火之炫毘古(ホノカガヤビコ)
火之迦具土(ホノカグツチ)
神名の火とは言霊のことであり夜芸の夜は夜の国であり夜見または読みとなります
芸は芸術のことで火の夜芸速男の神とは言霊を読む芸術(業=わざ)が早く示されている働きということになり明瞭に文字の事を示しています
真言に「言霊即実相 文字即涅槃」とあり文字とは言葉が眠っているものと云う意味であり生きた人間がそれを読むと直ちにその文字の事が実相となって蘇ってきます

+++

「フ」風の神名「志那津毘古の神(シナツヒコノカミ)」
「モ」木の神名「久久能智の神(ククノチノカミ)」
「ハ」山の神名「大山津見の神(オホヤマツミノカミ)」
「ヌ」野の神名「鹿屋野比売の神(カヤノヒメノカミ)/野椎の神(ノツチノカミ)」
「ラ」天之狭土神(アメノサツチノカミ)
「サ」国之狭土神(クニサツチノカミ)
「ロ」天之狭霧神(アメノサギリノカミ)
「レ」国之狭霧神(クニノサギリノカミ)
「ノ」天之闇戸神(アメノクラドノカミ)
「ネ」国之闇戸神(クニノクラドノカミ)
「カ」大戸或子神(オホトマドヒコノカミ)
「マ」大戸或女神(オホトマドヒメノカミ)
「ナ」鳥之石楠船神(トリノイハクスフネノカミ)/天の鳥船(アメノトリフネ)」
「コ」大宣都比売神(オホゲツヒメノカミ)」

+++

「吉備の児島(キビノコジマ)」
吉く備(吉備)わった初期(児)の締まり(島)と言った意であり五十個の言霊を集めて形だけは五十音図としてまとめられその内容はまだ詳細には確認されていないと云う段階です
初歩的では有りますが豊宇気として先天の性質を受け持っているこの五十音の枠結びを天津菅麻(音図)と呼びます
菅曽(すがそ)とは菅麻とも書き先天・大自然そのままの性質の音図(すがすがしい衣の意)のことです

金山毘古神(カナヤマビコノカミ)
金山毘売神(カナヤマヒメノカミ)
波邇夜須毘古神(ハニヤスヒコノカミ)
波邇夜須毘売神(ハニヤスヒメノカミ)
弥都波能売神(ミツハノメノカミ)
和久産巣日神の子(ワクムスビノカミノコ)/豊宇気毘売の神(トヨウケヒメノカミ)

+++

「小豆島(アヅキシマ)」
音図上で初めて確認された八つの父韻の締めくくりの区分です
八父韻は音図上で小豆即ち明らかに続く気の区分のことであり泣沢女(なきさわめ)とは人間の創造知性の根本の響きのことです
音波・光波の大自然の無音の音(梵音)が視覚・聴覚のリズムとシンクロナイズする時に初めて現象が顕れます
泣き沢め(ナキサワメ)ぐのは父韻であり人間の創造知性の側の働きでありその刺激により宇宙である五母音から現象が出て来るという意味です
別名「大野手比売(オホノデヒメ)」とは大いなる横(野・貫)に並んだ働き(手)を秘めている(比売)の意であり音図においては八父韻は横に一列に展開しています

泣沢女神(ナキサワメノカミ)
大野手比売(オホノデヒメ)

+++

「大島(オホシマ)/大多麻流別(オホタマルワケ)」
大きな価値・権威を持った心の締まりという意です
別名「大多麻流別」とは大いなる(大)言霊(多麻)が流露・発揚(流)する心の区分と云うことです
伊耶那岐の命(言霊の原理・法則)が活用する十拳の剣の力(物事を十段階に分けて判断する)を明らかにする作業区分です

石拆神(イハサクノカミ)
根拆神(ネサクノカミ)
石筒之男神(イハツツノヲノカミ)
甕速日神(ミカハヤヒノカミ)
樋速日神(ヒハヤヒノカミ)
建御雷之男神(タケミカヅチノヲノカミ)
闇淤加美神(クラオカミノカミ)
闇御津羽神(クラミツハノカミ)

+++

「姫島(ヒメジマ)/天一根(アメノヒトツネ)」
八つの神代表音神名文字(八種の文字原理)が心の宇宙の中に占める位置・区分です
言葉を文字で顕わしたものを比礼(ひれ)または霊顯(ひら)と云い枚(ひら)の字を当てることもあります
大山津見の神(言霊「ハ」)とは言葉のことで山津見の山は八間でこの間に言霊父韻が入りそれが津見(渡して顕れる)で言葉が出来ます
女(おんな)とは音名であり文字のことで文字には言葉が秘め(女)られています
人によって文字を読むと直ちに心の中に言葉となって甦りますので神代文字は全部「火の迦具土の神(言霊「ン」)」から顕れるので別名「天の一根」と云います

頭(カシラ)に成りませる神の名「正鹿山津見の神(マサカヤマツミノカミ)」
胸(ムネ)に成りませる神の名「淤滕山津見の神(オトヤマツミノカミ)」
腹(ハラ)に成りませる神の名「奥山津見の神(オクヤマツミノカミ)」
陰(ホト)に成りませる神の名「闇山津見の神(クラヤマツミノカミ)」
左の手に成りませる神の名「志芸山津見の神(シギヤマツミノカミ)」
右の手に成りませる神の名「羽山津見の神(ハネヤマツミノカミ)」
左の足に成りませる神の名「原山津見の神(ハラヤマツミノカミ)」
右の足に成りませる神の名「戸山津見の神(トヤマツミノカミ)」

+++

「知訶島(チカシマ)」
禊祓の区分となります
知とは知識の事であり訶とは叱り・たしなめるの意です
外国の文化の知識をこの段階で言葉の意味がよく分るように内容を整理して次の人類文明へ吸収する為の準備作業となる段階の働きの区分です

伊耶那岐大神(イザナギノオオカミ)
衝き立つ船戸神(ツキタツフナドノカミ)
道之長乳歯神(ミチノナガチハノカミ)
時量師神(トキオカシノカミ)
煩累之大人神(ワズラヒノウシノカミ)
道俣之神(チマタノカミ)
飽昨之大人神(アキグヒノウシノカミ)
奥疎神(オキサカルノカミ)
奥津那芸佐毘古神(オキツナギサヒコノカミ)
奥津甲斐弁羅神(オキツカイヒベラノカミ)
辺疎神(ヘサカルノカミ)
辺津那芸佐毘古神(ヘツナギサヒコノカミ)

+++

「両児島(フタゴシマ)」
言霊布斗麻邇の原理は心の要素である五十個の言霊とその運用法五十の計百の原理から成り立っています
その要素五十言霊を上の五十音に運用法五十を下の段にとると百音図ができます

八十禍津日神(ヤソマガツヒノカミ)
大禍津日神(オホマガツヒノカミ)
神直日神(カムナホビノカミ)
大直日神(オホナホビノカミ)
伊豆能売(イズノメ)
底津綿津見神(ソコツワタツミノカミ)
底筒之男命(ソコツツノヲノカミ)
中津綿津見神(ナカツワタツミノカミ)
中筒之男命(ナカツツノヲノカミ)
上津綿津見神(ウハツワタツミノカミ)
上筒之男命(ウハツツノヲノカミ)
天照大御神(アマテラスオオミカミ)
月読命(ツクヨミノミコト)
建速須佐男命(タケハヤスサノヲノミコト)
辺津甲斐弁羅神(ヘツカヒベラノカミ)

ワサヤナラハマカタア
ヰシイニリヒミキチイ
ヱセエネレヘメケテエ
ヲソヨノロホモコトオ
ウスユヌルフムクツウ
――――――――――
ウスユヌルフムクツウ
ヲソヨノロホモコトオ
ヱセイネレヘメケテエ
ヰシイニリヒミキチイ
ワサヤナラハマカタア


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します