「六波羅蜜(ろくはらみつ)|四諦(したい)」


「六波羅蜜(ろくはらみつ)」
六波羅蜜の波羅蜜とはサンスクリット語「パーラミター」のことで「究竟(くきょう)する」「彼岸に至る」「渡る」と云うことです
究竟と云うのは真理を究め尽くし仏道修行を完成した境地のことを云います

八正道は主に個人の救われ(悟り)を目的とした修行であるのに対し六波羅蜜は他の人をも救う(悟らせる)修行でありその修行を六つに分けて説いて六波羅蜜と云います

+++

1.布施(ふせ)
布施とは一般的には第一に「他人に物を施すこと」第二に「僧に財物を施すこと」と云う意味であり仏教的には次の3種類があります

財施
財の布施/他人にお金や物を施すこと/募金活動など

身施
身の布施/他人に身体を使った労力を施すこと/清掃奉仕など

法施
教えの布施/他人に仏の教えを施すこと/説法する

これらの施しを行なうときにはある動機が必要不可欠でありそれは一切の見返りを求めず(そういう心を持たず)他人の幸せを心から祈ると云うことでありギブアンドテイクでは決してないと云うことです
見返りを求めないと云うこととは「自分はこれだけの布施をしたのだ」と偉ぶることもなく「自分はこれだけしかできなかった」と卑下することもないと云うことです
自分でできるだけの布施を行ない布施ができること自体が「有り難い」と思えることにより自分自身の仏性が磨かれると説かれてます
3つの布施の中で最も尊いとされるのが法施であり財施も身施もいわゆる人助けとしては尊い行ないであり奨励されるべきことですが募金も奉仕もそれを受ける人にとっては一時しのぎに終わってしまう可能性もありえます
開発途上国などに対して医療費や食料を援助するのは人間として大事な行ないでありますがそれに加えて田畑の開墾の仕方や農作物の育て方などを伝授することができれば当地の人々もいつか自立できる日がくると云うものです
人の幸せを祈願して行なうと云うことが成り立って初めて布施と云えるのです

2.持戒(じかい)
持戒とは身を慎むということであり特に布施を行なうことによってややもすると驕り高ぶってしまいそうになる氣持ちを慎み布施させていただけたそのこと自体に感謝できる心になることが大事であると云うことを説かれたのが持戒であります
仏の教え(戒め)をよく守り人間らしい正しい生活をすることを説かれたのが持戒です

3.忍辱(にんにく)
忍辱とは他に対して寛容でありどんな困難をも耐え忍ぶということであり持戒によって歯を食いしばって教えを守ると云うたんなる忍耐と云うことではなくそこに寛容さを兼ね備えることが忍辱の教えるところです

4.精進(しょうじん)
精進とはたゆまず純粋に努力することであり一時的な持戒ある一時のみの忍辱ではなく一心不乱に継続して努力することこそが精進の本来の意味です

5.禅定(ぜんじょう)
禅定とはどんなことが起こっても迷ったり動揺したりせずに静かな精神を保ち常に真理に心が定まっている状態を云います
継続して行なう精進も常に落ち着いた心で行なうことが大事であると説かれてます

6.智慧(ちえ)
智慧とは真理を見極め真理によって判断・処理できる能力を云い仏教徒が目指す最終到達点であり仏の智慧と云うことです
仏教で云う智慧とは単なる知恵(知識)ではなく真理を認識していると云うことが大前提でありこの仏の智慧とは布施から禅定までの五つの徳目を修行することによって完成されるものであると教えられてます

布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧が六波羅蜜であり人を救い世を救えるような理想的な人間になるためにはどれも欠くことのできない条件であり特に具体的なのは布施でありできることから少しずつ実践し仏の境地へ一歩でも近づいていこうと仏教では教えてます

+++

「四諦(したい)」
四諦とは「釈尊」の最初の説法から入滅まで一貫して説かれた人生の真理の教えです

釈尊が自身の悟った内容を説き広めたいと考えられた動機とは釈尊と同様の悟りに至らせることにより人々を幸せに導きたいと云うことでした
人生の悩み苦しみを根本的に解決し釈尊と同様の悟りに至らせるための方法論とも云える教え/苦しみを解決する方法を説いた教えが四諦です
四諦には四苦八苦などと云う言葉(割愛)があるとおり人生には苦しみが必ずつきまとうことは誰しも否定できずこの苦しみを解決するための方策を次の四段階に分けて説いています

1.苦諦(くたい)
2.集諦(しったい)
3.滅諦(めったい)
4.道諦(どうたい)

諦とは真理と云う意味と諦り(さとり=悟り)と云う意味があり諦らか(あきらか)にする意でもあります

+++

1.苦諦(くたい)
人間の歴史が始まってからこのかた一貫して人間が行なってきたことは苦しみからのがれる努力でした
暑さ寒さの苦しみ天変地異の苦しみ飢饉や疫病の苦しみ貧乏の苦しみ人間関係の苦しみそして死の苦しみと云うように生まれてから死ぬまでさまざまな苦しみにつきまとわれそれらの苦しみからのがれよう克服しようと云う努力をしてきましたが何万年も努力してきたことによりそれらの苦しみを完全になくすことができたかと云えば答えはもちろんノーであり今後も未来永劫にわたって一切の苦しみからのがれきることはないであろうと教えてます

寒暑の苦しみ天災地変の苦しみ病の苦しみ貧困の苦しみなどは科学・医学・技術の進歩によって少しずつ軽減させていくことは可能でありそう云った努力を続けていくことは人間の文化でもあります
死に対する恐怖からのがれることは絶対に不可能であり人間関係においても次から次へと新しい苦しみが生じてきて尽きることはありません
苦しみを苦しみと感じないようにすればよいのでありこれが苦しみを克服する唯一の道なのであり苦しみを苦しみと感じないようにするとは精神的大革命です
苦しみを苦しみと感じなくするにはどのような方法があるかと云うことが問題となりますがそれは苦諦であり人生は苦であると悟る=諦ることです
たいていの人は楽な状態が普通であって苦しい状態は異常であると思っています
苦しみが異常な状態だと思っているといつも「苦しみからのがれたい」とあくせくすることになりそのためいつも苦しみと云う観念が頭から離れずなおさら苦しみを感じることになります
心の持ち方を180度変えて苦は異常な状態なのではなく普通の状態なのだと覚悟する=悟ることが苦諦の教えであり理性の悟りが苦諦と云うものです

2.集諦(しったい)
集諦の集は集起(じゅうき)の略で原因と云う意味です
見かけは簡単なものごとでもその奧を探ってみるといろいろな作用が集まって起こっていてそれゆえものごとの原因を集起と云います
人生苦にも必ず原因がありその原因を探求し反省しはっきり悟らねばならぬと釈尊は説いていてその悟りを集諦と云います

釈尊は最初の説法の際に弟子達に次のように説いてます
「比丘たちよ 苦の集(じゅう)についてわたしはこのように諦らかにした それは常に満足を求めてやまぬ渇愛である」

大乗経典の一つ妙法蓮華経の譬諭品第三では次のように説いてます
「諸苦の所因は貪欲これ本なり」

渇愛と云うのはのどが渇いたものが激しく水を求めるようにさまざまな欲望の満足を求めてやまないことであり貪欲と云うのも同様に無制限にものごとを貪り求めることです
欲望は本能であり善悪以前に自然なものであると釈尊は説いていてその欲望を必要以上に増大させると回りが見えなくなり知らず知らずに自分中心のものの見方に陥ってしまいそれがあらゆる苦しみ・不幸の原因となるのだと教えてます

「人生苦に悩んでいる人はその原因を探求し反省してみるとよい そうすればそれが必ず渇愛・貪欲に基づくものであることに氣がつくであろう」

禅宗などでは「欲望を捨てよ」と云われることがありますが正確には必要以上の欲望を起こすなと云う意味であり欲望にとらわれることによって回りが見えなくなることを戒めてます
捨てる・なくするのは苦であり欲望を一切捨てることが目的ではありません

3.滅諦(めったい)
釈尊の最初の説法
「比丘たちよ 苦の消滅についてわたしはこのように諦かにした 渇愛を余すところなく捨て去りそれから解脱し執着を断ち切った時に苦は消滅するのである」

譬諭品第三では
「諸苦を滅尽するを第三の諦と名づく」
と説かれてます

集諦によって苦の原因は人間の心の持ち方によるのだということがわかり「心の持ち方を変えることによってあらゆる苦は必ず消滅するものである」と云うことになると云うことが滅諦の悟りです
まずは苦しみを克服した状態をイメージすることが大事でありその状態(滅諦)に向かって努力を始めようとすることが肝要でありどうしたら苦しみを克服した状態にたどりつくことができるのかと云うその努力の仕方を説いたのが第四の諦「道諦」です

4.道諦(どうたい)
道諦について釈尊の最初の説法では
「比丘たちよ 苦を滅する道についてわたしはこのように諦らかにした それは正しい八つの道である すなわち正見・正思・正語・正行・正命・正精進・正念・正定がそれである」
と説いてます
ほんとうに苦を滅する道は苦からのがれようと努力することではなく正しくものごとを見・正しく考え・正しく語り・正しく実行し・正しく生活し・正しく努力し・正しく念じ・正しく心を落ち着かせることであると教えていてそうすれば苦は自然と消滅してしまうと説いてます


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します