「こし(高志・越・古志)と大彦命」


「こし(高志・越・古志)」
現在の富山・石川・福井・新潟・列びに山形県庄内地方の一部に相当する地域を云います
地理的な範囲では敦賀の氣比神宮から船出し日本海を北上して羽咋の気多大社を経てさらに弥彦神社がある弥彦山を右手に見るまでを一つの地域として越(コシ)と呼びます

「古事記・日本書紀」
越洲(こしのしま)
高志 (こし)
古志 (こし)

孝元天皇の第1皇子四道将軍の大彦命に平定される前のこし(高志・越・古志)は阿彦王国とも云われ豪族「阿彦」に支配されていたと伝えられてます

「大彦命」
後の陰陽道「安倍」一族の祖でもあります
阿部氏+阿加古氏=安部氏
安部氏の氏神「高屋安倍神社」
安倍氏族の高橋氏が奉ったのもが「高家神社」です

こし(高志・越・古志)は大化改新後に越国となり紀天武天皇の頃に越前・越中・越後に分けられました

+++

「四道将軍(しどうしょうぐん)」
日本書紀に登場する皇族(王族)の将軍です
(1)大彦命(おおびこのみこと)
(2)武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)
(3)吉備津彦命(きびつひこのみこと)
(4)丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)

+++

「日本書紀」
父「孝元天皇」
母「欝色謎命(ウツシコメノミコト)」皇后

皇后は二柱の男子と一柱の女子を産みました
一人目の男子「大彦命(オオビコノミコト)」
二人目の男子「稚日本根子彦大日日天皇(ワカヤマトネコヒコオオヒビノスメラノミコト」
三人目は女子「倭迹迹媛命(ヤマトヒメノミコト)」
異伝としてさらにもう一男子「少彦男心命(スクナヒコオココロノミコト)」がいたと伝えられてます

長子である「大彦命」
(1)阿部臣
(2)膳(カシワデ)臣
(3)阿閉(アヘ)臣
(4)狭狭城山(ササキノヤマ=近江の安土一帯)君
(5)筑紫 (ツクシ)国造
(6)越(コシ)国造
(7)伊賀臣
全部で七つの氏族の始祖でもあります

「大彦命」
「大」は敬称
「彦」は男性
「命」は尊号
「偉大な男」と云う意です

大彦命の母「内色許売(欝色謎)命」は紀国の穂積臣の始祖の妹にあたります
穂積臣は全国的な大姓鈴木姓の起源となり鈴木姓の始祖にあたります
穂積臣が岩手県鬼首山(室根山)に熊野神「瀬織律姫(セオリツヒメ)」を奉戴して移住したことで岩手県や宮城県に鈴木姓が広がったと云われてます
穂積臣の娘「伊迦賀色許売(伊香色謎)命」も孝元天皇の后です
日本書紀では物部氏の遠祖の「大綜麻杵」の娘として旧天孫本紀にも「伊香色雄」の姉として父「大綜杵」母「高屋阿波良姫」と記されてます
穂積氏はニギハヤヒを祖とする物部氏の同族であり物部氏系の娘にあたります

+++

大彦命は孝元天皇の長子(第1男子)でしたが同「母弟」が王位を継承して「開化天皇」となりました
天皇の事跡が記載の無い時代「綏靖・安寧・懿徳・孝昭・孝安・孝霊・孝元・開化」
欠史八代と呼ばれてます

+++

昭和43年(1968年)埼玉県行田市「稲荷山古墳」から国宝「金錯銘(キンサクメイ)鉄剣」が出土されました
鉄剣に金象嵌(キンゾウガン)され115文字が記されてます

<記>
辛亥年七月中記
乎獲居臣
上祖名意冨比垝
其児多加利足尼
其児名弖巳加利獲居
其児名多加披次獲居
其児名多沙鬼獲居
其児名半弖比
其児名加差披余
其児名乎獲居臣
世々為杖刀人首奉事来至今
獲加多支鹵大王寺在斯鬼宮時
吾左治天下
令作此百練利刀
記吾奉根原也

<訳>
辛亥年(471年に比定)7月中に記す
(わたしは)乎獲居臣(オワケノオミ)
上祖の名は意冨比垝(オオヒコ)
その児の名は多加利足尼(タカリノスクネ)
その児の名は弖巳加利獲居(テミカリワケ)
その児の名は多加披次獲居(タカハシワケ)
その児の名は多沙鬼獲居(タサキワケ)
その児の名は半弖比(ハテヒ)
その児の名は加差披余(カサハヨ)
その児の名は乎獲居臣(オワケノオミ)
先祖代々一族は杖刀人首(ジョウトウジンノカシラ)=武官長として奉事して今に至る
獲加多支鹵大王(ワカタケル=雄略天皇に比定)の斯鬼宮(シキ宮=奈良県桜井市から磯城郡付近に比定)にあるとき大王の天下統治を補佐した
(だから)この百錬の利刀を作らせ私が大王に仕えてきた由来を記す

上記の文字列のなかに上祖の名は「意冨比垝(オオヒコ)」「獲加多支鹵(ワカタケル)大王」の文字があり「意冨比垝=大彦命」「獲加多支鹵大王」は「幼建(ワカタケル)」の名を持つ雄略天皇です


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します