「豊(とよ)神功皇后」人物の旅


豊(とよ)とは「神功皇后」を云います
豊(とよ)は仲哀天皇亡き後「武内宿禰(たけうちすくね)」の妻だったと云われてます
古事記の記述によれば武内宿禰は蘇我氏の先祖でもあり神功皇后が新羅(しんら)を大変好んでいたのは武内宿禰が新羅の出身だったからだと云われてます
古代の大和朝廷(天皇家)は新羅系の蘇我氏の支援を得て誕生したと云われてますが大化の改新では百済(くだら)の中大兄皇子(天智天皇)と藤原鎌足によって政権を奪われました
その後「天武天皇(大海人皇子)」になって新羅系の蘇我氏勢力は復活しましたが天武天皇の妻であった「持統天皇(天智天皇の娘)」によって再び百済系の藤原氏勢力に戻ってしまい現在に至ってます

+++

中大兄皇子と大海人皇子は愛人である額田王を巡って争い中大兄皇子は額田王を大海人皇子から奪う代わりに自分の娘を4人も大海人皇子に差し出しました
大海人皇子の嫁になった中大兄皇子の4人娘の一人で筆頭格であった持統天皇は万葉集では
「春過ぎて 夏来るらし 白妙の 衣干したり 天香具山」
と云う唄があります
これは「豊の羽衣(政権)を奪ってやったわ」と云う意味であり持統天皇が豊(とよ)の系統を滅ぼしたと云われてます
持統天皇は父・中大兄皇子(天智天皇)の藤原氏の系統です

+++

豊(とよ)の系統は夫である天武天皇(大海人皇子)の蘇我氏の系統です

東国に基盤があった豊(とよ)の系統について
豊(とよ)の系統は出雲の他に関東・東北など東国に基盤がありました
熱田神宮・諏訪大社・阿夫利神社など出雲系の神社が多いのが特徴です
豊(とよ)の系統の多くは藤原氏の家来(開拓者・武士)となり関東などに下って行きました
秦野の秦氏と源氏の関東進出もその流れの一つであると云われてます

西の藤原氏
東の蘇我氏(の末裔)

+++

埼玉県日高市
高麗(高良)神社
「高麗王若光(主祭神)」
「猿田彦」
「武内宿禰」
祀られてます

神奈川県大磯
高麗(高來)神社
「高麗王若光(主祭神)」
「猿田彦」
「武内宿禰」
祀られてます

高麗(こま)とは
新羅(しんら)を意味して「高麗王若光」は武内宿禰(蘇我氏)の末裔か秦氏の末裔であることを示してます
上陸地は大磯です

+++

神功皇后と武内宿禰は新羅征伐に情熱を燃やしたことで有名です
神功皇后と武内宿禰の頭文字をとれば「神武」となります
神武天皇とは日本の初代天皇です

豊(神功皇后)と武内宿禰(塩土老翁)との間の子供は「応神天皇」です
古事記による「応神天皇」の兄がいたととも云われてます

出雲にいた豊(神功皇后)は危険分散のために
兄「応神天皇」を西の九州「宇佐神宮」あたりに置きました
弟「建御名方神」を東の新潟「弥彦神社」あたりに配しました
東の新潟の弥彦神社あたりに配された弟の建御名方神は信濃川を遡り善光寺にしばらく滞在してから諏訪大社の祭神となり尾張氏のルーツにもなってます

継体天皇とは応神天皇の弟「建御名方神」の末裔です
継体天皇は今上天皇の祖先であると云われ天皇家のルーツは豊(神功皇后)と武内宿禰(塩土老翁)と云うことになり武内宿禰(塩土老翁)が始祖とされる蘇我氏が正統的な天皇家の氏族でした
しかし百済出身の藤原氏が蘇我氏を滅亡させてしまいました
正統的な天皇家の氏族であった蘇我氏は百済出身の藤原氏の騙まし討ちにあい大化の改新で蘇我入鹿(聖徳太子)が暗殺されたことで滅亡しました

+++

「丹後半島の羽衣伝承と伊勢」について

その1
「丹後国風土記」より
丹後国丹波郡(京都府中郡)比治の里の比治山の頂に真名井(まない)と呼ばれる井戸がありました
あるときこの真名井に天女八人が舞い降り水浴びをしていました
すると通りかかった老夫婦がひとりの天女の羽衣を奪ってしましました
天女はひとりで水から出ることもできなくなり子のない老夫婦は天女に「留まってくれ」と懇願しました
天女は仕方なく懇願を聞き入れて十年の間老夫婦のために万病に効く薬をつくりつづけました
ところが裕福になった老夫婦は天女を邪魔者にして「おまえはわしらの子ではない」と追い出してしまいました
嘆き悲しむ天女はしばらくさまよい歩き竹野の郡(京都府竹野郡)の船木の郷の奈具の村(弥栄町船木)にたどり着き「ここに来てようやくわが心はおだやかになりました」と告げてこの地に住むことにしました
天女の名を「豊宇賀能売命(トヨウカノメノミコト/豊受大神)」と云います

その2
「丹後一宮籠神社(このじんじゃ)縁起」より
籠之大明神(このだいみょうじん/豊受大神)は日本第一の明神様で鎮護国家の神です
その影向(神や仏が人の姿に身をやつして現れること)は与謝郡の天橋立の松の梢の上で大きな籠のような形をし光り輝いていたと云います
丹後の粉河という清流に天女八人が降りてきて水浴びをしていました
塩土老翁(しおつつのおじ)と云う人物がひとりの羽衣を盗みひとりの天女が塩土老翁と夫婦となって酒をつくって暮らすようになりました
天女は常に光を放ちながら虚空を飛びそれはまるで鳥籠から光を放つようであったと云われています

天女が八人である理由
八人の天女の白衣と黒衣の割合で月の満ち欠けを司っていると云われてます
この「八」という数字を「北斗七星」と結びつけて「北斗七星」の第六星の外側には小さな軸星があります
陰陽道では年によって明るく見えたりうすく見えたりするこの輔星を「金輪星」と云い信仰の対象として中国ではこの星が帝の御代を補佐する力を持つとされてます

+++

「浦島太郎」について

与謝の郡の日置の里(京都府宮津市日置)の筒川村の浦嶋子(浦島太郎)は漁に出て五色の亀を出逢いました
その亀は美しい女人が化けたとされる亀比売は浦嶋子を蓬莱山(神仙境)へ誘いました向かいました
三年の楽しい月日を経て浦嶋子は故郷や両親を懐かしく思うようになりこの様子を察した亀比売は浦嶋子の気持ちを確かめて帰郷を許しました
亀比売は浦島子に玉くしげ(玉手箱)を手渡し「もし再びここに戻って来たいならばそれを開けてはなりません」と堅く戒めました
ところが浦嶋子が故郷に帰ってみると人や風物がかわっておりただただ呆然とするばかりでした
通りがかりの人を呼びとめ尋ねてみるとその昔浦嶋子と云う者がいて海で遊んだまま帰ってこなかったと云います
それも300年も前の話でした
魂を抜かれたようになった浦嶋子は村を彷徨し神仙境が懐かしくなり亀比売との約束も忘れつい玉くしげを開けてしまいました
すると若々しかった浦嶋子の姿は風雲とともに消えうせたちまちにして老人になってしまったと云います

籠神社の名の由来は浦島太郎が竹籠に乗せられて竜宮城に行ったからだと語り継がれてます

+++

万葉集に詠まれた墨江の人=浦嶋子とは「住之江のひと」で住吉神社に祀られるのは神功皇后と海神三柱(表筒男命・中筒男命・底筒男命)です
この三柱を合わせて塩筒老翁(天女の羽衣を盗んだ人物)と見て仲哀天皇亡き後に神功皇后と住吉神(塩筒老翁)=武内宿禰(事代主神)が関係を持ったと住吉神社が伝えてます

+++

亀は蘇我氏のキーツール「飛鳥の亀石」です
蘇我氏・物部氏は出雲のいずれも出自の初期建国の名門です
どちらも卜占により祭祀を司り以下を用いたと云われてます

蘇我氏「亀の甲」
物部氏「鹿の骨」


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

LOHACO

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します