「東南アジア|ディーン人」


BC33000年
オセアニア/ニューブリテン島
ヨンボン遺跡:原始デーン人
6万年前に古代ユトランド半島を出て南下した原始デーン人は徒歩でオセアニアに到達しほぼ白人化していた皮膚は強い日差しに対抗するために再度黒くなったと云われてます

BC33000年
オセアニア/ニューアイルランド島
マテンクプクム遺跡:原始デーン人
複数回の往復航海を行いつ船(いかだ)をつくり黒曜石の他に家畜も海を渡って持ち込んでいたと云われてます

BC27000年
ソロモン諸島/ブカ島
キル遺跡:原始デーン人

BC5000年
第一次古代デーン人大航海時代
古代デーン人
古代デーン人はケルト人に高性能の船をつくらせてユトランド半島から大航海時代へと出発し第一次大航海時代ではデーン人はバルト海を北上してスカンジナビア半島を発見し南部に植民して更にスカンジナビアを北上し北部に植民サーミ人の祖先となり更に北上した一派は北極海を就航し各地に寄ってドルイド教を伝授しながらシベリアにまで到達して各地にシャーマン文化を残したと云われてます

BC4000年
第三次古代デーン人大航海時代
アフリカ/ペルシア湾/インド洋方面
古代デーン人
古代デーン人が第三次大航海時代に出発して地中海・アフリカ方面に分岐し地中海方面に進出してアフリカ方面に向かった一派はペルシア湾・インド洋と就航して東南アジアに向かったと云われてます

BC4000年頃
台湾島人が南下
現生人類

BC3000年頃
台湾人がフィリピン到達
現生人類
フィリピン南部で中西部インドネシアと東部インドネシアに分かれて拡散したと云われてます

BC3000年
古代デーン人が東南アジア到達
マレー半島に入植
古代デーン人
マレー半島の先端は古来からシャーマニズムが盛んであったことから古代デーン人はマレー半島に最初に居住したと云われてます

BC3000年
古代デーン人が台湾入植
卑南文化
古代デーン人
古代デーン人は台湾に拠点を築きその中の一派が台湾の原住民を伴い太平洋の冒険に乗り出しポリネシア人の祖となったと云われてます
卑南文化公園に残された「月形石柱」とは月の破片が地面に突き刺さったような石柱であり台湾東部の海岸山脈や花東縱谷から運ばれたものでその使用方法は謎に包まれたままだと云われてます

BC2000年頃
台湾人が東部インドネシア到達
古代デーン人
東部インドネシアにやって来た人々はBC2000年頃に更に2つに分化して中央・南部モルッカ・小スンダ諸島へ向かった集団とニューギニア北岸に沿ってビスマルク諸島へと進んだ集団に分化し後者がオセアニアへと拡散し古代デーン人に先導されていたと云われてます

BC2000年頃
台湾人がメラネシア到達
古代デーン人vs原始デーン人
ラピタ集団が速いスピードで通過していったあとに定住した集団がそれぞれの島で生活を確立して先住のオーストラロイドと接触を持ち混血となったと云われてます

BC1500年
ラピタ文化
古代デーン人
オセアニアに分布していた旧石器文化集団とは全く異なる文化を持った集団が東南アジアを経て南西オセアニア(メラネシア)へと拡散して土器の製作・植物栽培を行い家畜飼育を行い東南アジアから古代デーン人に連行されて移ってきたと云われていて原住民である旧石器集団を避けるように沖合いの島などに居住し速いスピードで拡散を続けたと云われてます

BC1500年~AD800年
マリアナ諸島へ拡散
前ラッテ期
古代デーン人
最初の拡散はマリアナ諸島へ行なわれ南部の火山島(グアム・サイパン・テニアン・ロタ)へ土器文化を持った集団が拡散したと云われてます

BC1300年
ニューブリテン島南西アラウェ発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見されこれらの島々はラピタ集団が拡散するまで無人島であったと云われてます

BC1200年
ソロモン諸島南東離島
サンタクルス諸島発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見

BC1200年
海の民ブリテン島を出発
海の民エトルリア入植
海の民古代ローマ入植
ブリテン系デーン人
後にブリテン系デーン人Aグループが旧デーン人グループを退け地中海覇権を手中にしたと云われてます

BC1100年
ニューカレドニア発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見

BC1000年
バヌアツ発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見

BC1000年頃
海の民インド洋出現
セイロン島入植
ブリテン系デーン人E
海の民がランカー島の悪魔としてラーマーヤナに記録されていると云われてます

BC900年
フィジー発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見
ラピタ集団の動きはここで1000年停滞しデーン人の支配力が自然に消滅したと云われてます

BC850年頃
海の民東南アジア通過
インドシナ半島入植
ブリテン系デーン人E

BC850年
トンガ発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見
ラピタ集団の動きはここで1000年停滞したと云われてます

BC800年代
海の民九州占領・入植
ブリテン系デーン人F
海の民が九州を占領し後に九州を拠点に2手に別れ本州出雲地方・長江上流勢力に勢力が分化して神武天皇の東征伝説が生まれたと云われてます

BC750年
サモア発見・入植
古代デーン人
ラピタ遺跡発見
ラピタ集団の動きはここで1000年停滞したと云われてます

BC771年
海の民雲南に潜伏・拠点を築く
ブリテン系デーン人F1
ブリテン系デーン人F1が長江を遡り雲南省に拠点を築き現地人のミャオ族を支配と楚などの国家・宗教団体を築き中国人に挑戦し雲は天を意味し神々の種族を自称するデーン人をデーン人の国と云う意味を込めて雲南と名付けられたと云われてます

BC700年代
海の民出雲に到着・拠点を築く
ブリテン系デーン人F2
古代デーン人の伝説を頼りに航海しインド洋のカッチあるいはバリ島を出発し日本に到着して古代デーン人が残した縄文人ドルイド教徒を継承し日本神話を創り雲は天を意味し神々の種族を自称するデーン人を云いデーン人の国と云う意味を込めて出雲と名付けられたと云われてます

BC6世紀頃
カンボージャ王国(インダス河上流)
旧デーン人(絹道系)
紀元前6世紀末にガンダーラとともにアケメネス朝に征服されインドと云う属州を形成しインドの文献にはカンボージャ人は粗暴で野蛮な人々であると伝えられていて碑文などの記述される際には必ず隣国のガンダーラ王国と併置され両者には関係があったと伝えられていますがガンダーラは古代デーン人勢力であり旧デーン人は乗っ取ろうと考えていてこの後にこの地方はペルシア・イスラム帝国に侵攻されその時にカンボージャの旧デーン人勢力は海を渡り東南アジアに赴きクメール王朝を建てたと云われてます

BC300年代
ドンソン文化(インドシナ・タイ・インドネシア)
ブリテン系デーン人E・ブリテン系デーン人F1vs現生人類
東南アジアはセイロン島を拠点とするブリテン系デーン人Eと雲南を拠点とするブリテン系デーン人F1の勢力圏だっと云われてます

BC300年代
カリンガ王国(インド東部)
旧デーン人(絹道系
アーリア人の国(16大国)の一つでクル王国の衛星国と呼ばれたチェティ王家の分家が建てた国と伝えられているチェティ王家はアーリア人の血統ではなくクル王国に巣食っていたカンボージャ(旧デーン人)の中枢でありカンボージャ王国の中枢はペルシアや新デーン人の脅威からインド東部に移動しカリンガ王国を建てたと云われてます

BC265年
カリンガ戦争
旧デーン人(コリント系)vs旧デーン人(絹道系)
マケドニアを支配していたコリント系の中枢がマウリア朝を支配していましたがアショーカ王の時代にカリンガ王国に侵攻しカリンガは一時マウリア朝の支配下にあったと云われてます

BC257年
甌各国(ベトナム)
ブリテン系デーン人F1
ブリテン系デーン人F1勢力の蜀の王子が秦に滅ぼされ南下してベトナムに王国を建てたと云われてます

BC209年
カリンガ王国チェーティ朝
旧デーン人(絹道系)vs旧デーン人(コリント系)vsインド系アーリア人vsブリテン系デーン人Evs新デーン人
カリンガは一時マウリア朝の支配下にありましたがマウリア朝が弱体化した折に目覚しく復活し勢力権が以前にも増して拡大したと云われてます

BC200年代・・・
ミャオ族南下
中国人vsブリテン系デーン人F1
ミャオ族が南下してタイ人の祖となり中国人の攻勢がブリテン系デーン人F1の南下の要因になり東南アジアの基になったと云われてます

00年頃
サモアから再度メラネシア
西方引き返す
ポリネシア人
バヌアツの南方にある東フツナへ移動して100年頃にツバル・ティコピアへ移動しツバルからはソロモン諸島やミクロネシア南部の環礁などへ拡散していったと云われてます

40年
徴姉妹の乱(ベトナム)
ブリテン系デーン人F1vs中国人
ベトナム人蜂起の裏にはブリテン系デーン人F1がいたと云われてます

68年~550年
扶南国(カンボジア)
インド系アーリア人
デーン人勢力(マガダ王国)に追い立てられたアーリア人(16大国のうちの9国)が最終的にたどり着いた地であると云われてます

192年~1832年
チャンパ王国(ベトナム)
インド系アーリア人(クル族)
デーン人勢力に追い立てられたアーリア人(クル族/クル王国はBC4世紀にナンダ朝マガダに征服されている)が最終的にたどり着いた地と云われてます

200年代
シュリーヴィジャヤ王国(スマトラ島)
インド系アーリア人
デーン人勢力(マガダ王国)に追い立てられたアーリア人(16大国のうちの9国)が最終的にたどり着いた地と云われてます

300年~600年
ポリネシア人サモアからマルケサス東進
ポリネシア人
移動開始地点がサモアでありこの頃のポリネシア人には自分がデーン人勢力であったと云う自覚は消えてそれでもタアネと云う神を崇拝し続けていたと云われてます

400年代
クタイ王国(ボルネオ島)
インド系アーリア人
デーン人勢力(マガダ王国)に追い立てられたアーリア人(16大国のうちの9国)が最終的にたどり着いた地と云われてます

400年代
タルマヌガラ王国(西ジャワ島)
インド系アーリア人
デーン人勢力(マガダ王国)に追い立てられたアーリア人(16大国のうちの9国)が最終的にたどり着いた地と云われてます

500年代
ドヴァーラヴァティ王国(タイ東北部)
ブリテン系デーン人F1
ミャオ族の支系であるモン族が建てた国と云われてます

550年
真臘(カンボジア
旧デーン人(絹道系)vsインド系アーリア人
扶南国の従属国でありその60年後に独立を成し遂げて最終的には扶南国を占領しカンボージャの中枢が移転して建てた国であると云われてます

633年
吐蕃(チベット)
新デーン人(絹道系)
新デーン人の中央アジア拠点エフタルが滅亡してその中枢が新拠点としてチベットに吐蕃を築き順次中国に侵攻したと云われてます

700年頃
マルケサスを分岐点に北上
ハワイに到達
ポリネシア人

700年頃
マルケサスを分岐点に東進
イースター島に到達
ポリネシア人
ポリネシア人を率いていた古代デーン人の末裔である神官階級の人々がイースター島を流刑地として重用し南米先進地域に貢献する技術者養成の地でもあったと云われてます

700年頃
南詔(雲南)
ブリテン系デーン人F1vs中国人
ブリテン系デーン人F1代々の目標である中国制覇を睨み一方で東南アジアに勢力圏を築いたと云われてます

752年
南詔・吐蕃の同盟
新デーン人(絹道系)
ブリテン系デーン人F1vs中国人
南詔・吐蕃は同盟を組み唐に侵攻したと云われてます

800年~1521年
マリアナ諸島ラッテ期
ポリネシア人
シャフトと呼ばれる柱石の上に半円球状のキャッチストーンを乗せたと云われてます

802年~1431年
クメール帝国
旧デーン人(絹道系)
カンボージャ王国を支配していた旧デーン人の中枢が東南アジアに来訪しクメール人を支配してインド系アーリア人の指導者を駆逐しクメール帝国を建てたと云われてます

1044年
パガン王朝(ビルマ)
新デーン人(絹道系)
パガン朝を建てたビルマ族はチベット系だと云われてます

1052年
大越国(ベトナム)
中国人
李朝時代は科挙の実施による有能な人材の登用と儒学・仏教の奨励などで文化が中国化して発展を遂げたと云われてます

1000年代
ハリプンチャイ王国(タイのランプーン)
ブリテン系デーン人F1
ミャオ族の支系であるモン族が建てた国だと云われてます

1100年代
トンガ王国ハアモンガ・マウイ建立
ポリネシア人
ドルメン状の巨石建造物が建築され東ポリネシアではマラエと呼ばれる宗教的石造建築が発達したと云われてます

1100年代
イースター島モアイ建造
ポリネシア人
ポリネシア人・南米人専用の流刑地又は技術者養成の場であり囚人は無意味な労働を課され修行を終えた技術者はマヤ・インカなどに送られ建築現場で貢献したと云われてます

1238年~1438年
スコータイ王朝(タイ)
ブリテン系デーン人F1vs旧デーン人(絹道系)
雲南から下ってきたミャオ族の人々はブリテン系デーン人F1勢力として旧デーン人勢力を駆逐したと云われてます

1250年
マルケサスを分岐点に南下
ニュージーランドに到達
ポリネシア人
ポリネシア人はマオリ族に変化し幻の巨鳥モアを絶滅させたと云われてます

1253年
フビライ大理を滅ぼし吐蕃を服属
ブリテン系デーン人F2vsブリテン系デーン人F1vs新デーン人
フビライが紅巾賊などのF1勢力の拠点の大理国を滅ぼし新デーン人の勢力圏の吐蕃を服属させモンゴルの中枢にいた日本人諜報員(藤原氏の末裔)が雲南を拠点にタイに進出する足がかりとしたと云われてます

1351年~1767年
アユタヤ朝タイ王国
ブリテン系デーン人F2vsブリテン系デーン人F1
モンゴルの中枢にいた日本人諜報員(藤原氏の末裔)がアユタヤ朝を建てアユタヤ朝が建った後にも北部にはスコータイ朝が存在していたと云われてます

1500年代
イースター島モアイ建造中止
ポリネシア人
白人が南米・太平洋を蹂躙しはじめた頃からポリネシア・南米から囚人が送られてこなくなり技術者養成も無くなったと云われてます


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します