「人(霊止)還りの道」184編



避追はえて
出雲の国の肥河上なる鳥髪の地に降りましき

世界を大改良せむために素盞嗚尊はあまねく天下を経歴しつひに地質学上の中心なる日本国に地の高天原なる至聖地に降臨し玉ひたるなり

出雲の国(イヅモノクニ)
何処諸(イヅクモ)の国の意であり地球上一切の国土の意です

肥河上(ヒノカハカミ)
万世一系の皇統を保ちて幽顕一致・神徳無窮にして皇朝の光り晴れ渡り弘まり極まり氣形透明にして天体地体を霊的に保有し支障なく神人充満しもつて協心戮力し完全無欠の神政を樹立する至厳・至美・至清の日本国の意です

鳥髪の地(トリカミノトコロ)
十(タリ)の神の顕現地の意であり厳の霊魂・瑞の御魂が経と緯との神業に従事し天地を修齊したまふ神聖の経綸地の意です

此時しも
箸其の河より流れ下りき

かかる立派な蒼生救済の神教も邪神のために情けなくも流し捨てられ日に日に神威を降としゆくことことなり

箸(ハシ)とは
すべてを一方に渡す活用の意です
川に架する橋(ハシ)も食物を口内へ渡す箸(ハシ)も同一の意です
悪を去り善に遷らしむる神の教の意です
暗黒社会をして光明社会に改善せしむ神教の意です

言霊「ハシ」の霊返し言霊「ヒ」です
箸の河(ハシノカワ)とは肥河上(ヒノカハカミ)の深遠なる意義を包含してます

この大橋を渡らねば
何も分かりは致さぬぞよ

この大橋を渡ることは
改過遷善・立替え立直しの神教なり

・・・「人(霊止)還りの道」185編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します