「人(霊止)還りの道」174編


わが神国の御教は
顕幽神の三界の
過去と未来と現在に
一貫したる真象を
うまらに具らに説き明かす

心ねぢけし人々の
いかでか尊き大神の
神慮を悟り得らるべき
慢神するも程がある
盲者にしたる曲つ神
呆れてものが言はれない

一日も早く片時も
疾くすむやけく迷雲を
晴らして真如の日月を
まよへる人の心天に
照らさせたまへ惟神
神の御前に願ぎまつる

前途を見こして尻からげ
一足お先に参りませう
皆さまあとからゆつくりと
目がさめたなら出て来なよ
盲目千人のその中の
一人の目明きが氣をつける
なぞと慢神してござる
こんな判らぬ奴ばかり
盲目ばかりがささやけり
お氣の毒にてたまらない

醜の邪神をいち早く
祓ひきよめて真心に
救はせたまへ天地の
尊き神の御前に
つつしみ敬ひ願ぎまつる

・・・「人(霊止)還りの道」175編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します