「人(霊止)還りの道」641編


世の長人よ遠人と
生命を保ち健全に
五倫五常を守りつつ
公共のために美はしき
功績を万世に相伝へ
天地の御子と生れたる
務めを尽させ玉へかし

すべての感謝とわが祈り
神世の昔高天にて
千座の置戸を負ひ玉ひ
大和田原の一つ島
退はれ玉ひて天津罪
国津罪咎許々多久の
穢れを祓ひ玉ひたる
現世幽世の守り神
国常立の大御神
豊国主の大御神
厳の御霊の大御神
瑞の御霊の大神の
御名に幸はひ聞し召し

諾ひ玉ひ夜の守り
照る日の守りに幸はへませと
神の御前に平伏して
頸ね突抜き願ぎ奉る

・・・「人(霊止)還りの道」642編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します