「人(霊止)還りの道」638編


人は神の子・神の宮
とはいふものの何時となく
曲津の神の曲事に
相交こりて日に夜に
罪や穢れに沈みつつ
憂瀬に沈む憐れさを
愍れみ玉ひ厳御霊

瑞の御霊の大神は
青垣山を周らせる
下津岩根のこの山に
現はれまして世の人を
教へ導き天の下
四方の国々平らけく
いと安らけく治めます

その御恵みの万分一
報いむ由もなけれども
能ふ限りの赤心を
尽して神と君のため
生命の限り仕へなむ
愍れみ給へ惟神
神の御前に平伏して
謹み敬ひ願ぎ奉る

・・・「人(霊止)還りの道」639編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します