「人(霊止)還りの道」637編

人(霊止)還りの道

高天原の司神
厳の御霊と現れまして
一二三つ四つ五つ六つ
七八つ九つ十百千
万のものの元津祖
大国常立大御神
高皇産霊の大御神
神皇産霊の大御神の
稜威をもつて限り無く
万のものを造りまし
天が下なる神人を
うまし御国に永久に
いと安らけく住ませむと
日月大地を造りまし
各清き霊をば
授け玉ひて八百万
尊き神を生み玉ひ
天地万有守ります
広大無辺の御恵みを
尊み敬ひ奉る

豊葦原の瑞穂国
生言霊の幸はひて
百の宝を下しまし
君の位は千代八千代
動きもやらず変るなく
島の八十島八十の国
天の壁立つその極み
国の聳立つその限り
棚引く雲の果までも
伊照り透らす大御稜威
これぞ全く日の守り
神の守りと悦びて
朝な夕なに仕へなむ

常夜を照らす月読の
神の光は夜の守り
蒼生を撫で玉ひ

天勝国勝国の祖
国常立の大神は
天地成出しその時ゆ
隠身ましてすみ玉ふ

玉留魂の霊徳以て
海月のごとく漂へる
国土をば造り固めなし
大地の海陸別ちまし

豊国主の大神は
足玉魂の御霊徳もて
植物を生み出し守りまし

葦芽彦遅の大神は
生玉魂の霊徳もて
あらゆる動物愛で育て

動く力は大戸地
静まる力は大戸辺
解ける力は宇比地根神
凝まる力は須比地根の神
引力守る生杙神
弛力を守る角杙神
合力守る面足神
分ける力は惶根の
御稜威をもつて世の中の
すべての物に与へまし
天と地との霊をば
神の大道に依らしめ玉ひ

日の神国を治し召す
神伊邪那岐の大御神
月の神国を治し召す
神伊邪那美の大神は
天津御神の神勅もて
天の瓊矛をとりもたせ
千五百の秋の瑞穂国
千足の国や浦安国と
完全に委曲につくりなし
遠き近きの国々に
国魂神を生み玉ひ
産土神を任けまして
青人草を氏子とし
各も各もに持ち分けて
親しく守らせ給ひける

大御恵みを謹みて
仰ぎ喜び奉る
あゝ惟神惟神
御霊幸はひましませよ

・・・「人(霊止)還りの道」638編へつづく

スポンサーリンク

●ブログランキング

人気ブログランキング に登録してます

にほんブログ村 に登録してます
●ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します
LINEで送る
Pocket


関連記事一覧