「人(霊止)還りの道」587編


兇党界の兇霊なる妖幻坊は幻相坊・幻魔坊といふ二つの眷属を用ゐる
しかして幻相坊は火の術をよく使ひ幻魔坊は水の術を使ふに長じてゐる

妖幻坊の曲神が
曲輪の玉を使用して
天地を救ふ生神の
誠の道を攪乱し
天の下をば悉く
暗と泥との魔界とし
暴威を振ひ永久に
楽しまむとて心力の
あらむ限りを尽すこそ
実にも忌々しき次第なり

曲の手管に乗せられて
浮び方なき魔の中に
陥りながら欣然と
天下に無比の出世を
なせしものぞと勇み立ち
金毛九尾・醜神も
妖幻坊に欺かれ
悪魔の機関と使はれて
喜びゐるこそ憐れなれ

幻相坊・幻魔坊
妖幻坊の両腕と
頼みきつたる妖怪ぞ

・・・「人(霊止)還りの道」588編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します