「人(霊止)還りの道」580編


霊界とは高天原(天界)・中有界(精霊界)・根底の国(地獄界)の三界からなる

動物は中有界(精霊界)よりするところの一般の内流の統制するところとなるものである
けだし彼ら動物の生涯は宇宙本来の順序中に住するものなるがゆゑに動物はすべて理性を有せないものである
ゆゑに動物は理性なきがゆゑに神的順序に背戻しまたこれを破壊することをなし得ないのである
人間と動物の異なるところはここにあるのである

動物はすべて人間の有する精霊の内流を受けて活動することがある
されども普通の動物はその霊魂に理性を欠くがゆゑに神人なる人(霊止)の内流を受くることは出来ないのである

しかし鋭敏なる霊獣はその精霊がほとんど人間のごとくかつ本来の純朴なる精神に人間と同様に理性をも有するがゆゑによく神人なる人(霊止)の意思を洞察し忠撲のごとくに仕ふることを得るのである

鋭敏なる霊獣は肉体は動物なれども大神より特別の方法によつてすなはち化相の法によつて神人なる人(霊止)の身辺を守るに必要なるべく現じ給ふた場合は決して普通の動物として遇せないのである
そして神人なる人(霊止)はその霊獣を大神が化相に仍つてその神格の一部を現はし給ひしものなることを知るがゆゑに兄弟のごとく下僕のごとくある時は朋友のごとく和睦親愛し得るのである

・・・「人(霊止)還りの道」581編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します