「人(霊止)還りの道」578編


大神より来たる直接内流は大神の神的人格より発して人(霊止)の意性中に入りこれよりその智性に入りかくしてその善に入りまたその善を経て真に入るのである

真に入るとは愛に入るといふことである
この愛を経てのち聖き信に入るのである

ゆゑにこの内流の愛なき信に入りまた善のなき真に入りまた意思よりせざるところの智性に入ることはないである

清浄無垢の神的人格者ともいふべき人(霊止)なればその思ふところ言ふところ行ふところは一として大神の大御心に合一せないものはないのである
かかる神人を称して真の生神といふのである

・・・「人(霊止)還りの道」579編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します