「人(霊止)還りの道」566編


霊界に行つて現界に時めく智者学者または有力者といはるる者の精霊に出会しその情況を見ればいづれも魯鈍痴呆の相を現はし身体の動作全く不正にして四肢戦き慄ひ少しの風にも吹き散りさうになつてゐるものである
これ凡てが理性的ならざるがゆゑである

現代の人間が理性的とか理智的とか物知り顔にいつてゐるその言説やまたは博士学士などの著書を見るも一として理性的なるものはない
いづれも自然界を基礎とせる不完全なる先賢先哲と言はれたる学者の所説や教義を基礎とし古今東西の書籍をあさりこれを記憶に存しこの記憶を基として種々の自然的知識を発育せしめたるものである
ゆゑにただ記憶のみにして決して理性的ではない

現代の総ての学者は主神大神の直接または間接の内流を受入るること能はずいづれも根底の国(地獄界)より来たる自愛および世間愛にもとづく詐りの知識によつて薫陶されたるものなれば彼らは霊体分離の関門を経て中有界(精霊界)に至る時は生前における虚偽的知識や学問の記憶は全部剥奪され残るはただ恐怖と悲哀と暗黒とのみである

すべて自愛より出づる学識智能はいづれも暗黒面に向かつてゐるがゆゑに大神のまします高天原(天界)の光明に日に夜に遠ざかりゐたれば中有界(精霊界)に入りし時は霊的および神的生涯の準備一もなくいな却つて魯鈍無智の人間に劣ること数等である

現界おいて魯鈍無智なる者は常に朧氣ながらも霊界を信じかつ恐るるがゆゑに驕慢の心なく心中常に従順の徳にをりしがゆゑに霊界に入りし後は大神の光明に浴し大神の愛を受くるものである

・・・「人(霊止)還りの道」567編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します