「人(霊止)還りの道」560編


すべて精霊は霊界のことはその霊相応の範囲内において見ることを得れども現実界は少しも見ることが出来ないのである
これは現実界の人間が霊界を見ることが出来ないのと同様である

この理によつて人間がもし精霊にものをいひ返すを大神が許したまふ時は精霊は自己以外に人間があるを知るがゆゑに実に危険である
中には深く宗教(信仰)上のことを考へ専ら心をこれにのみ注ぐ時はその心の中に自分が思惟するところを現実的に見ることがある
そはかくのごとき人間(ジンカン)は副守護神なる精霊の話を聞き始むるものである

すべて宗教(信仰)のことは何たるを問はず人間の心の中より考へて世間における諸々の事物の用によつてこれを修正せざる時は副守護神なる精霊はその事物その人間の内分に入り込んでそこに居を定め霊魂を全く占領しかくしてここに在住する幾多の精霊を頤使しあるひは圧迫してあるひは放逐するに至るものである

ゆゑに常にその聞くところの精霊の何たるかを問はずことごとく之をもつて聖き精霊なりと信じ副守護神なる精霊の言ふがままに盲従してゐる人間(ジンカン)たちは〇〇神社だとか〇〇神だとか〇〇命だとか〇〇姫だとか出たらめの名を並べられ宇宙唯一の尊き神を表はしたごとく得意満面になつてこれを尊敬し拝礼しかつその妄言を信じて普く広く世に伝へむとしてゐるのである

かくのごとき人間(ジンカン)はその実わづかに熱狂なる副守護神に過ぎないことを知らずまたかくのごとき人間(ジンカン)は副守護神なる精霊の虚偽をもつて真理と固く信ずるものである

悪霊に魅せられた人間(ジンカン)はこんな具合になるものである

・・・「人(霊止)還りの道」561編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します