「人(霊止)還りの道」113編


山にかくるる曲津神
八岐大蛇に狙はれて
神の国をみださむと
口は引き裂け鼻まがり
眼球は飛び出し耳ちぎれ
腕は折れて足はとれ
子供のおもちゃの人形箱
ぶち開けたやうな今のざま
改心するのはこの時ぞ
真言の宣る言霊に耳澄ませ
口を清めて目を洗ひ
鼻を低くして天地を
神をたたふる神言を
一度に宣れよ皆のもの
のれよのれのれ皇神の
救ひの船にみな乗れよ
はや目を醒ませ目を醒ませ

心にかかる村雲を
わが言霊に吹き払ひ
清めて救ふ神の道
国てふ国は常久に
闇ではおけぬ神の胸
醜の企みをこのままに
捨ててはおかぬ神心

この世を造りし神直日
心も広き大直日
ただ何事も人の世は
直日に見直し宣り直し
鬼や大蛇や曲神の
醜の猛びを皇神の
救の舟に乗り直し
心を直せよもろ人よ

この世を渡す麻柱の
神の造りし方舟は
どこにも一つ穴はない
あな有難や尊やと
左右りの手を合はせ
神の光に目を醒ませ

行方も知らぬ荒浪の
中にただよふ醜船の
舵を取られて人心
心の海に日月の
光たたへて黄泉島
黄泉比良坂の戦に
力をつくせ身を尽くせ
神の守りは目のあたり
神の恵みはこの通り

・・・「人(霊止)還りの道」114編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します