「人(霊止)還りの道」553編


人間が地上の世界にあるうちはどうしても独身生活は出来ませぬ
また理想の夫を得やうなどと何ほど思つてもさううまく貴女の氣の入りさうなことはありませぬ
夫たり妻たるものは各その欠点を辛抱し合うてここに初めて円満な家庭を作り大神の神業に参加し得るのです
理想の夫を求めむとしまた理想の妻を得むとする欲望はたうてい現界では望み得られませぬ
何事も神様の命に従つて夫婦睦じく暮すより道はありませぬ

理想の夫または妻などは高天原でなければ現界(自然界)に左右せらるる肉体人はたうてい駄目です
しかしながら大神の三五の御教えがスツパリと天下に行き渡り人間の心が理想的に改良さるるやうになつた暁は地上もまた高天原の型がそのままに映り人間は理想の婚姻をすることが出来るでせう
高天原における婚姻と地上の世界における婚姻とはその相違の点もあり一致の点もあります

高天原の婚姻なるものは智性と意志との二つのものを和合して一心となすの謂であり智性と意志の二つのものが合一して動作するものを一心といひます
夫は智性・妻は意志と呼ばるる部分を代表するものであります
この智性と意志との二つの和合は元より内分的に起るものであつてこれが霊身に属する時これを知覚し感覚して愛なるものを生じます
この愛を婚姻の愛といふのであります
智性と意志の両者の和合して一心となるところに婚姻の愛なるものが発生するのです

ゆゑに高天原の天人は男女一体にして一双の夫婦は二個の天人でなく一個の天人となすのであります

・・・「人(霊止)還りの道」554編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します