「人(霊止)還りの道」550編


霊的死者または娑婆亡者あるひは我利我利亡者ともいふ八衢人間ごとき大神の愛の徳に離れたる者は生命なるものはない
しかして大神の愛または神格に離れた時は何事もなし能はざるものである

神の守護と許しがなければ何事も成就せぬぞよ
九分九厘いつたところでクレンとかへるぞよ
人間がこれほど善はないと思うていたしてをることが神の許しなきものはみな悪になるぞよ
九分九厘で手の掌がかへりアフンといたすぞよ

人間(ジンカン)は自然界の自愛によつてある程度までは妖怪的に惰性的に出来得るものだが決して有終の美をなすことは出来ない

しかして今日において自愛と世間愛より成れるすべての銀行・会社およびその他の諸団体の実状を見ればいづれも最初の所期に反しその内部には魑魅魍魎の徘徊跳梁して妖怪変化の巣窟となり目もあてられぬ醜状を包蔵してゐる
そして弱肉強食・優勝劣敗の地獄道が遺憾なく現実しているではないか

・・・「人(霊止)還りの道」551編へつづく

人気ブログランキング に登録してます

にほんブログ村 に登録してます
鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します
スポンサーリンク


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前


メールアドレス



(ドメイン satose.jp 受信設定)
スポンサーリンク