「人(霊止)還りの道」109編


厳の御魂や瑞御魂
常世の国はまだおろか
高砂州や筑紫州
豊葦原の瑞穂国
島の八十島八十国に
三五の月の御教を
残る隈なく宣べ伝へ
天地の神の神業に
仕へ奉らむ吾らの天職
あゝ面白し潔し
間の国を立出でて
八岐大蛇や醜神を
言向和し千早振る
神の御国に復し見む

かへす常磐の松の世を
五六七の神の現はれて
千代も八千代も万代も
天津日嗣の動ぎなく
月日のごとく明らけく
輝きわたる神の国
かがやき渡る神の稜威

厳の御魂の大御神
瑞の御魂の大御神
月日を添へて十柱
十曜の神旗勇ましく
天津御風になびかせつ
曲の砦に攻め寄せむ

この世を造りし神直日
心も広き大直日
直日に見直し聞き直し
七十五声の言霊に
天地四方の民草を
靡かせ救ふ勇ましさ

日は照る月は盈つ
三五の月は中空に
輝きわたり天地を
ささへ保てるその如く
太き功を三ツ星や
北極星を基として
あまたの星の廻転るごと
百の御魂を言向け照らし
オリオン星座に現はれし
救ひの神に復命
申さむためのこの首途

曲津のたけぶ黄泉島
黄泉軍を足びきの
山の尾の上に蹴り散らし
河の瀬ごとに吹き払ひ
払ひ清むる神の国
千秋万歳万々歳
堅磐常磐の松の世の
神の功ぞたふとけれ

千変万化の白狐が
働きなる水晶の
御魂そろふ十曜の
天の数歌をうたふ

・・・「人(霊止)還りの道」110編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します