「人(霊止)還りの道」91編


言霊「ク」

苦労なしの心の暗い暗雲
苦しいか
苦面が悪いか
臭いものに蓋をしたやうに
隠し立てしても
何ほどクスネようと思ふても
四十八癖のあらむ限りは
改めてやるぞ
下らぬ理屈を口から出放題
グヅグヅグデグデと
クドイ理屈をこねならべ
一つ違へば
クナクナ腰になって
ちょっとしたことでも
苦にするなり
委しきことも知らずに
喰ひ違った御託をならべ立て
九分九厘で覆るのかへらぬの
一厘の仕組をくまなく悟ったの
汲み取ったのと
そりゃ何のたはごと
汲めどもつきぬ神の教
大空の雲をつかむやうな
掴まへどころのない
駄法螺を吹いたその報い
くやし残念をコバリコバリ
今までの取違ひを悔い改め
クヨクヨ思はずに
神の光をあらはし
闇黒の世を照らし
また来る春の梅の花
開く時をくれぐれも
待つがよいぞよ
クレンとかへる神の仕組
苦労の花の開く神の道
委しいことが知りたくば
悔い改めて神心になれ
噛んでくくめるやうに
知らしておくぞよ

・・・「人(霊止)還りの道」92編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します