「人(霊止)還りの道」403編


<観物三昧経>

爾時太子於其根処出白蓮華
其色紅白上下二三華相連
諸女見已復相謂言
此如神人有蓮華相
此人云何
心有染著
作此語已噎不能言
是時蓮中忽有身根如童子形
諸女見已更不勝喜悦現此相
時羅睺羅母見彼身根華々相次如天劫貝
一々華上乃有無数大身菩薩
手執白華囲繞身根現已還没
爾時復有諸婬女等
皆言
瞿曇是無根人
仏聞此語如馬王相漸々出現
初出之時猶如八歳童子身根
漸々長大如少年形
諸女見已皆悉歓喜
時漸長大如蓮華幢
一々層間有百億蓮華
一々蓮華有百億宝色
一々色中有百億化仏
一々化仏有百億菩薩無量大衆
以為侍者
時諸化仏異口同音毀諸女人悪欲
而説偈言

若有諸男子
年皆十五六
盛壮多力勢

数満恒河沙
持以供給女
不満須臾意

時諸女人聞此語已
心懐慚愧懊悩
僻地挙手拍頭
而嗚呼悪欲
各厭女身皆発菩提心

アゝコリヤ不思議だ
観物三昧経を上げてゐるやうだ
ヤツパリ三教合同の眷属だと聞いてゐたが
神・仏・耶の混淆の〇〇〇〇教だな

観物三昧経にはどんなことがいつてあるのだ
一つその訳を聞きたいものだなア

何・・・ダメだよ
観物三昧経の真相が理解されたら
馬鹿らしくつて
有難さうに唱へられるものぢやない
ああして棒読みにダ・ブダダ・ブダと読んでゆくから
有難いやうに聞こえるのだ

あまりに馬鹿らしくて
説明するだけの価値がないのだ
お釈迦さまも
ああして祭り込まれちや
本当にお氣の毒だ

<観物三昧経|語訳>

釈迦は妻を娶つたけれど交合を為なかつた
ところが耶輸陀羅をはじめ数多の侍女どもが非常に怪しんでゐた時に侍女の一人がいふには「妾は釈迦に奉事して永らくの年を経たけれども未だにその根を見たことがない況んや世事あらむとや」といふ
根とは陰茎のことであり世事とは交合である
言ひ代へれば「釈迦に仕へて年を経たけれどもその陰茎を見たことがないからまして交合はせぬはずぢやと」いふのだ
時にまた一人の女がいふには「わたしは太子に仕へて十八年を経たがいまだ太子の便利の患あるを見ないいはんや復た諸の余を見ようぞ」といつた
そこで一同がしからば太子は男であるまいと言つてゐるので釈迦は之を察して態と昼寝をして彼の一物を出して見せた

後の坊主どもが
釈迦を贔屓に思ひ過ごして
こんな馬鹿な説を作つて贔屓の引倒しをしたものだ
何ほどわからぬ人間だとて
こんな具合で
諸々の仏経は尽く釈迦に託して
後の仏者どもが偽作したものだよ

大方の人間はすべての仏経は全部阿難が書いておいたものだ
と固く思つてをるから
目指して釈迦を譏つたり非難するやうになるのだ

ヤア有難い
しかしヒイキの引倒し
商売道具に使はれちや
お釈迦さまもキツと涙(阿弥陀)をこぼしてござるだらう
なにほど教祖は正しいことをいつても
後の奴がいろいろと誤解をしたり
勝手な熱を吹いたり
自分の説が通らないと
如是我聞とつけて
釈迦に是のごとく聞いた
と自説を弁護せうとするのだから困つたものだな

・・・「人(霊止)還りの道」404編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します