「人(霊止)還りの道」31編


汝らの神の福音を宣べ伝ふ時
前途に当つて深き谷間あり

後より
虎・狼・獅子などの猛獣襲ひ来り
汝を呑まむとすることあるも
少しも恐るることなかれ

神を力に誠を杖に
寄せてくる悪魔を言向けやはせ

一人の旅とて恐るる勿れ

誠の神は誠ある汝を守り
汝の背後に付き添ひて
太き功を立てさせむ

厳魂を元師に
瑞魂を指揮官に
直日の御魂を楯となし
荒魂の勇みを揮ひ
和魂の親みをもつて
大砲となし
奇魂の覚りと
幸魂の愛を
砲弾または銃丸となし
よく忍びよく戦へ

神は汝と共にあり

人(霊止)
ここに
神人合一し
神と人との
真釣合より
真神大神の勅を
身に受け
その麗しき
言の葉を尽くし
限りなく勇み
進むなり

・・・「人(霊止)還りの道」32編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します