「人(霊止)還りの道」395編


高天原はいづくなる
清く正しき神の国
栄え久しきパラダイス
御霊の清き人々の
現世の衣をぬぎすてて
常盤堅盤に栄えゆく
いと珍しき神の国

高天原はつづくなる
主の御神のあれませる
夜なき清き神の国
月日は清く明らけく
星の影さへキラキラと
地上の世界に比べては
幾百倍の光あり

高天原に住む人は
皆天人と讃られ
不老と不死の境界に
おかれて主神を信愛し
無上の正覚開きつつ
いや永久に栄えゆく

高天原の天界は
二つの区別あり
第一の国を霊国と
称へて神の在す国
第二の国を天国と
称へて清き身霊らの
地上を捨てて天人と
成りすましたる人々の
喜び勇み遊ぶ国

霊国・天国もろともに
愛と信との日月は
夜昼なしに輝きて
金・銀・瑪瑙・瑠璃・硨磲
玻璃や珊瑚の殿堂や
樹木は野辺に繁茂して
玲瓏玉の如くなる
天人男女は永久に
手を携へて神業に
勤しみ仕へまつりをる
宇宙唯一の神の国

地上に生まれし人々の
身霊を汚す事もなく
現世の事みな終へて
御魂となりて天国へ
上りし時は主の神の
尊き恵みに包まれて
安く楽しく永久に
住まはせ玉へ天津神
国常立大神や
ミロクの神の御前に
畏み畏み願ぎまつる

・・・「人(霊止)還りの道」396編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します