「人(霊止)還りの道」25編


言触神の楽しさは
体主霊従の小慾に
比べてみれば眼の埃
埃の慾にとらわれて
眼もくらき村肝の
心くもらせ暗の夜に
暗路を迷ふ海の上
心の波をなぎ立てて
この世を造りはじめたる
神の御息の風を吸ひ
酸いも甘いも弁へて
この世を救ふ神となれ
それいま昇る東の
空みよ空にはまん円き
鏡のような日が昇る
心の鏡あきらかに
照らして恥づることなかれ

宇宙万有を創造し給われた全智全能の真神大神の神霊経綸とは吾々人は窺知するところに非ず

吾々人は
真神大神の教示に従って霊主体従から神霊経綸の大道からなる行動を執ることが肝要です

吾々人は
第一に日月の高恩を悟ることです

吾々人は
もっとも慎むべきことは貧慾・瞋恚・愚痴です

吾々人は
徒に小智浅才をもって真神大神の聖霊体を分析し研究することなどは一切僻事です

吾々人は
知識力で到底に感知することは能わずです

吾々人は
吉凶禍福は真神大神の命じ給うところでありいかんとも左右しがたきものです

朝日は照るとも曇るとも
月は盈つるとも虧くるとも
たとへ大地は沈むとも
誠の神は世を救ふ

勇みて暮らせ
神の造りし神の世ぢゃ
神から生れた神の子ぢゃ
力になるは神ばかり
神より外に杖となり
柱となるべきものはない

神に抱かれし吾々は
神の助けはたしかなり
たしかな神の御教の
救ひの船に身を任せ
任せつきたる暁は
歌ふ心は長閑なる
春の花咲く神心
神の心になれなれ一同

真神大神を力とし
誠(真言)を杖とし
進めよ進め
いざ進め

・・・「人(霊止)還りの道」26編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します