「人(霊止)還りの道」14編


人の肉眼で見得る天文学的観点による太陽系天体を小宇宙と云います
そして56億7千万もの小宇宙の存在を総称して大宇宙と云います

大宇宙を総括し給う神霊を天之御中主大神と云い大国常立尊とも云います
そして小宇宙を修理固成し給う神を国常立命と云います

小宇宙の配置
大空には太陽および諸星が配置されていてこれを火水(ホシ)と云います
大空と大地の中間である中空には太陰および北極星・北斗星・三ツ星が配置されてます
大地には地球および地汐・地星の汐球が大空の数と等しく地底の各所に配置されていてこれを水火(シホ)と云います

小宇宙の三層
大空|中空|大地

大空(太陽・諸星)
中空(太陰・北極星・北斗星・三ツ星)
大地(地球・汐球=地汐+地星)

大空は清く軽く大地は濁りて重し

太陽は
小宇宙の大空の中心で安定し太陽の背後の球竿状の水球との相互作用により呼吸作用を起こしてます

地球は
小宇宙の大地の中心で傾斜運動し地球の中心の球竿状の火球との相互作用により呼吸作用を営んでます

太陰とは
小宇宙の中空に太陽と同じ容積を有し一定不変の軌道を運行し大空と大地の天地の水氣を調節保護してます
太陰は半面は水氣であり半面は火氣でありその全体は円球です
太陰は満潮干潮の現象を自然に起こします
太陰は大空と大地の呼吸作用である火水を調節してます

小宇宙の呼吸とは
太陽の背後の球竿状の水球が呼氣作用を司ります
地球の中心の球竿状の火球が吸氣作用を司ります

地球の呼吸とは
地球の中心の球竿状の火球が吸氣作用を司ります
地球の地底の汐球が呼氣作用を司ります

水火(イキ)=息=呼吸

地球の火球の出口は富士山です
地球の汐球への入口は鳴門です

地球には人体にある幾多の血管神経の交錯と同様に火球(入口)と汐球(出口)が四方八方に相交錯した脈絡が存在してます

・・・「人(霊止)還りの道」15編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します