「人(霊止)還りの道」11編


神霊天祖(真神大神)はあまねく宇宙万有一切を美しき神国に安住とする為に勇みて神霊経綸の大業に奉仕されべく昼夜の区別なく苦心焦慮され給われます

すべての人(霊止)は神霊天祖の御心を自己の心として万有一切に対して至仁至愛の真心をもってこれに臨みかつ忍耐に忍耐を重ね人(霊止)たる資格を保全して行くことです

神霊天祖の慈愛は
敵味方の区別なく
正邪理非を問わず
広くこれを愛護す

神霊天祖は
誰一人つつぼに致さぬ
敵でも
悪魔でも
鬼でも
蛇でも
虫けらまでも
救ける神なり

互いに謙譲の徳を発揮し
相親しみ
相愛し
毫末も心中に障壁を築かざりけり

親は泣き寄り
他人は食ひ寄り

人(霊止)たる者は胎内教育を最も尊重することが重要です

父母両親の精神行動が
至正至直なるときに受胎したる生児は至正至直の人(霊止)となります

父母両親の精神行動が
放逸邪慳なるときに受胎したる生児は放逸邪慳の性質をもって生れます

父母両親の精神行動が
悪逆無道なるときに受胎したる生児は悪逆無道の精神をもって生れます

子の親たる者は
造次顛沛にも神霊天祖を信じ奉り君を敬い至誠善道を行なうことが肝要です

落ちぶれて
袖に涙のかかる時
人の心の奥ぞ
知らるる

・・・「人(霊止)還りの道」12編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します