「人(霊止)還りの道」300編


あら尊い
いく千代までも
うごきなく
えにし結びし
おしの衾の

かけまくも
きみの天降りし
くになれば
けはしき人の
こころだになし

さしのぼる
しののめの空
すみ渡り
せこのかんばせ
そふる月影

たらちねの
ちち大神の
つきの魂
てらさせ玉ふ
とよの神国

ながかれと
にしきの宮に
ぬかづきて
ねがふ心ぞ
のどかなりけり

はに安の
ひこの教の
ふかくして
へいわの風は
ほどほどにふく

ます鏡
みがきすまして
むつまじく
めをとの道を
もも年もがな

やくも立つ
いづもの神の
ゆはせたる
えにしにあれば
よきもあしきも

わかくさの
ゐもせの道の
うるはしく
ゑらぎゑらぎて
をくるうまし世

・・・「人(霊止)還りの道」301編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します