「人(霊止)還りの道」274編


神が表に現はれて
善と悪とを立分ける
この世を造りし神直日
心も広き大直日
ただ何事も天地の
神の尊き御水火より
現はれ出でしものなれば
四方の神人はじめとし
山河草木いふもさら
禽獣虫魚に至るまで
切つても切れぬ同胞よ

あまたの同胞ある中に
天地の神の経綸を
受けて生まれし人の身は
たとへ教理は変はるとも
世人を思ふ真心は
吾らの胸に違ふまじ
秀れて尊きものぞかし
旭は照るとも曇るとも
月は盈つとも虧くるとも
たとへ大地は沈むとも
世界を思ふ真心に
いかでか差別あらざらぬ

瑞の御霊と現れませる
神素盞嗚大神は
豊葦原の国中に
さやれる八岐の大蛇をば
誠の剣抜き持たし
恵の玉を光らせて
大蛇の霊をことごとく
服従ひ和し玉ふなり

万の物の霊長と
生まれ出でたる人の身を
大蛇の神の現はれて
呑まむとするは何事ぞ
森羅万象ことごとく
完美に委曲に守ります
皇大神の御心に
かなはぬ汝が振舞を
わが言霊を聞き分けて
一時も早く改めよ
神は汝の身辺を
朝な夕なに守ります
その神恩を知らずして
神の宮居の人の身を
ただ一口に呑まむとは
天地許さぬ醜業ぞ

大蛇の神よ長神よ
吾が言霊に服従ひて
天地の道理を正覚し
醜の身体を脱出し
うつしき女神の体となり
高天原に昇りませ
天に代はりて天津神
依さし玉ひし言霊を
汝のために宣り伝ふ

乾の池に潜むなる
これの大蛇の魂に
尊き神の御水火をば
かけさせ玉ひて天地の
守りの神と逸早く
神徳充たせ玉はれよ

・・・「人(霊止)還りの道」275編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

LOHACO

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します