「人(霊止)還りの道」265編


高砂島は日本の別名なり
台湾島は高砂洲の胞衣と昔の神代より定められ南米の胞衣として位置づけられるなり

千早振る遠き神代のその昔
国常立大神は
豊葦原の瑞穂国を
堅磐常磐に治めむと
心をつくし身をつくし
綾と錦の機を織る
その糸口の竜世姫
永遠に鎮まるこの島は
神の御稜威も高砂洲の
胞衣となり出でし台湾島

台湾島は竜世姫命(タツヨヒメノミコト)を国魂神として御守護遊ばす神聖地なり
真道彦命(マミチヒコノミコト)は国常立大神の時代より台湾島に鎮まり子孫みな真道彦の名を継いで新高山の北方を聖場と定め玉藻山を霊場と定め全島に神魂の根源を培ひしなる
真道彦の子なる日楯(ヒタテ)と月鉾(ツキホコ)の兄弟あり

清く正しき真道彦
神の子孫は今もなほ
栄え栄えて新高の
山のあなたの神聖地
清鮮の波を湛へし日月潭の
湖面を見下ろす玉藻山
国常立大神や
瑞の御霊の神霊を
斎き祀りて高砂の
島の老若男女をば
三五の教の大道に
導き救ふぞ健氣なる

玉藻の湖水は東西十五里・南北八里の大なる湖水は竜世姫の永久に鎮まりたまふ大湖水なり
玉藻山の東端の天嶺と云ふ聖山には日楯をしてこれを守らしめ日潭の聖地と称するなり
玉藻山の西端の泰嶺と云ふ霊山には月鉾をしてこれを守らしめ月潭の霊地と称するなり

・・・「人(霊止)還りの道」266編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します