「人(霊止)還りの道」239編


霊界の消息や死後の生涯を荒唐無稽として否定する人間(ジンカン)はもはや懐疑者ではなくむしろ無知識の甚だしきものです
かくのごとき人間に対して霊界の真相を伝へ神智を開発せしむると云ふことは到底絶望です

人(霊止)の肉体の死なるものは決して滅亡でも死去でもありません
ただ人が永遠に亘る進歩の一段階に過ぎず人の所在と立脚地とを変更したままです

人の意念も愛情も記憶もみな個性の各部分であつて不変不動のままに残ります
死後における生活状態とは現界に在りし時より引き続いて秩序的にその各人がそれ相応の地位の天国の団体の生活を営みます

しかし卑賤無智にして世道人情を弁へなかつた悪人なる人間(ジンカン)はその死後の霊界においては光明と愛と自由のない地獄に落ちて苦しみます
現界において不和欠陥・闇黒苦痛の地獄に陥つた人間は現界にある間に悔い改め真神を信じ真神を愛し利己心を去り真神に対しての無智と頑迷を除き去らなければ決して死後安全の生活は出来ません
そして現界より既に已に暗黒なる地獄の団体に加入してゐるものは現界においても常に不安無明の生活を続けて苦しんでます

人間は現界において一時も早く真神の光明に頑迷なる心の眼を開きて人として現界での天国の団体へ籍替をなすことに努めなければなりません

暖かい春光に
柳が芽ぐんで
軟かいグリーン色の
柳の下に児らが三四
他愛なく
遊び戯れてをるのも
何となく
春の長閑けさである

・・・「人(霊止)還りの道」240編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します