「人(霊止)還りの道」238編


凡て人の心霊は肉体の亡びたる後といへども人の本体なる自己の感覚や意念は引き続き生存します
ゆゑに天上に復活したる人の霊身はあたかも肉体を去つた当時と同じ精神状態で霊界の生活を営みます

一旦天国へ上り天人の群に這入つて天国の住民となつたものは容易に現界へ帰つて来て肉体を具へた友人や親戚や知己たちと交通することは難しいです
しかしながら一種の霊力を具へて精霊の発達したる霊媒者があればその霊媒の仲介を経て交通することが出来ます
その霊媒者は概して女子が適してゐます
これは女子は男子に比して感覚が強く神経鋭敏で知覚や感情が微細だからです

霊媒力の発達した人のをる審神場では霊身は時に現界人の眼に入るやうな形体を現はしその姿が何人にも見えます
そしてその霊身に対して現界人が接触すれば感覚があり動いたり談話を交ふることも出来ます
されど天国に入つて天人と生まれ代はりたる霊身は自分の方から望んで現界人と交通を保たむと希望するものはおりません
これは現界人の切なる願ひによつて霊媒の仲介をもつて交通をなすまでです

天国ではなく中有界に彷徨する霊身は時によつて現界に生存せる親戚や朋友らと交通を保たむと欲し相当の霊媒の現はるることを希望してます
それは自己の苦痛を訴へたり或ひは霊祭を請求せがむためです
そして中有界に彷徨する執着の強い霊身になると現界に住める父母や兄弟姉妹や遺産などに対して自分の思惑を述べやうとします
中有界に彷徨する霊身はすべて現界に執着心を遺し何時までも天国へは上り得ずして大変な苦悩を感受し続けます

・・・「人(霊止)還りの道」239編へつづく


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します