「月神|瀬織津姫と太陽神|饒速日と龍国日本」


瀬織津姫(セオリツヒメ)は饒速日(ニギハヤヒ)以上に大和朝廷に執拗に消された女神です

太陽神=男神
月神=女神

大社では瀬織津姫は「弥津波売神」として水神社に祀られていたり「滝神」として滝神社に祀られていたり「祓戸神」として祓戸社に祀られてます
主祭神として祀られている場合は「小社」です

持統天皇の晩年の三河行幸のときに瀬織津姫を祀る神社の御祭神を変更したと云われてます

「瀬織津姫(天照大神荒御魂神)の別称」
撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
八十禍津日神
中臣祓

+++

「六月晦大祓祝詞」
「さくなだりに落ちたぎつ速川の瀬に坐す瀬織津比メ(口+羊)」
と記されてます
八十禍津日神が祓戸神であるのかは深き理ある事なりけると記されてます
大祓祝詞は元となる祝詞のようなものがあったと云われてます

+++

岩手県には瀬織津姫を祀る「桜松神社」があり織姫伝説があります
遠野・早池峰山の社「伊豆神社」の瀬織津姫は平安初期に入植した「おないさん」と云う拓殖婦人です
神社由緒には遠野物語二話「大昔に女神あり」の三女神の母になってます

遠野の「オシラ」さまの話に「養蚕神」としての瀬織津姫の神馬=神明との関わりが記されてます

遠野六角牛山の神社に伝わる「オシラ祭文」がもとになった「遠野物語」とは
「昔ある貧しい百姓があった 百姓に妻はなく美しい娘が一人おりまた一匹の馬を飼っていた 娘は馬を愛して起居を供にしついには夫婦になった 父はこれを知って激怒し馬の皮を剥いでしまう 馬を殺されたことに悲嘆した娘は桑の木に掛けられた馬の首に取りすがり泣く 父は怒り狂い馬の首を刎ねた たちまち馬は娘の身体を包み込み昇天 後悔する父の前に白い糸を吐く蚕があらわれた 以来ふたりの像を桑の木で作りオシラさまというようになった」
瀬織津姫は「天白神」として祭られている神で「オシラ祭文」の文字は「天・白・虫」の三字で構成されてます

+++

縄文時代には日本全国に龍神が祀られていました
饒速日(天照大御神)と一対で祀られていた龍神(女神)=瀬織津姫です

持統天皇は全国的に勢力を持つ瀬織津姫を封印しました
縄文(国津神)の女神であるためです

持統天皇は伊勢神宮の御祭神を天照大御神の女神化として記紀から瀬織津姫の名を省き地域の各神社の御祭神を瀬織津姫以外に変えるように命じました
その作業は驚くべく明治時代まで続いたと云われてます

+++

瀬織津姫は罪や穢れを祓う女神ではなく再生・復活・黄泉がえりとも云われてます
これはエジプト文明でのピラミッドや始皇帝が探し求めて蓬莱山のように古代の人々がずっと信じ続けていた復活を意味してます


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します