「紀元前13000年~紀元後313年」


「アステカ族の神話」
4つの太陽の時代「失われた王国」

アステカ族の神話に4つの太陽の時代があります
4番目の太陽の黒い毛の人々の時代を黒い頭の人類の創造の時(前3760年頃)と仮定するとアステカ族の4つの太陽の時代の年代は下記のように推測されます
ニビル星の公転周期3600年で太陽の時代が変わりその次代を担う人類も変わっていることが分かります
前1000年頃インカ時代が始まったと伝えてられます
前13000年頃にフェイトン人=琴座星人が古代火星に移住しその3600年前に琴座星人が創造され最初の太陽の時代とほぼ合致します
地球が平和に統合され次回のニビル星が太陽系に飛来したあと人類と父祖達は次の移住地である金星に向かい金星人類を創造すると云われてます
突然痕跡を残さず忽然と消えたインカ族はすでに金星に移住したのだろうか

前15859年頃
最初の太陽
4008年間
白い毛の巨人の時代
琴座星人誕生

前11851年頃
2番目の太陽
4010年間
白い毛の巨人の時代
プレアデス星人創造
風の蛇によって終わらされた

前7841年頃
3番目の太陽
4081年間
赤い毛の人達
ニビル星人創造
火の蛇によって統括されていた
2番目の巨人の生き残りが生存していた

前3760年頃
4番目の太陽
5042年前に始まった
黒い毛の人々の時代
地球人類創造
ケツアルコアトルがメキシコに現れる

+++

<前13000年頃>
琴座星人がプレアデスに移住
フェイトンには恐竜が生息しフェイトン人=琴座星人が古代火星(プレアデス)に移住

<前1000年頃>
インカ時代が始まる

<前9000年頃>
プレアデス星人がニビル星に移住
地球の遺伝子を持つプレアデス星人と琴座直系のプレアデス星人の二種族がニビル禍を逃れ古代火星からニビル星へ移住

<前4000年頃>
プレアデス星人が地球を訪問
最初のヴィクター・クラス宇宙船が地球を訪れたのは6千年近く前のこと
プレアデス星人がタイタン族(巨人)を地球に移住させる
イースター島のモアイ像はプレアデス星人のパイロットが法に反し囚人を置き去りにした
この囚人が故郷を忍んでいる姿がモアイ像であるとのこと
アヌンナキはノアの大洪水の120サール前に地球に飛来したとのことで逆算すると1サールは約12~13年になります

<前3760年>
アヌンナキのエンキが地球に飛来
アヌ夫妻が初めて地球を訪問したとき人類創造が決定される
歴が古都ニプルで創始される(ユダヤ歴の元年=ニプル歴の元年)

<前3300年頃>
エノク誕生(前3500年頃「エノク書」)
エノクの存在についてはミカエルによると約5300年前の人であるとの事
死後に天使メタトロンとなる

<前3000年頃>
現天上界が地球に飛来

<前2500年頃>
ノアの大洪水
洪水が起こったそれはノアが600歳の時
大洪水後にアヌ王家で地球を4分割
第一地域(エンリル):メソポタミア
第二地域(エンキ):エジプト及び全アフリカ
第三地域(エンリル):インダス川流域(インダス文明)
第四地域(ニンフルサグ):ティルムン(シナイ半島)

<前2400年頃>
アッカド王国をサルゴン大王が建国(イナンナが守護神)

<前2123年>
アブラハムがニプルにて誕生
アブラハムの父テラはニプルの神託所の神官で当時は最高の知識人
ニプルは古来(天と地の絆)の地で当時の天文と歴の知識が集積している
テラは長男アブラムと妻サライ・次男ナホルと妻のミルカ・三男ハラン・ハランの息子のロトを引き連れてニプルからウル(前2113年)に移住
次にハラン(前2095年)に移住

<前2072年頃>
バベルの塔建設と神による破壊
マルドウクがバベルの塔の建設を実行していたところエンリルが破壊したとされている

<前2048年>
当時75才のアブラハムへ「カナンの地へ行け」と神から伝えられる
イナンナによるティルムン攻撃から宇宙港を防衛するためのエンリルの指示
漂泊の神マルドウクとアブラハムがハランで遭遇した

<前2047年>
アブラハムがカナンからエジプトへ

<前2042年>
アブラハムがエジプトからカナンへ戻る

<前2024年頃>
神々の核戦争によりシュメール文明のほとんどが滅亡
生き残ったシュメール人はエジプトやインドに避難したと推測される

<前1953年>
マルドウクが50獲得しバビロンが新しい世界の中心地となる
地球司令官マルドウクの時代の開始と共に神々の群雄割拠が始まる

<前1796年頃>
ソドムとゴモラ
旧約聖書によればソドムとゴモラなどヨルダン低地の諸都市は神に背き異教の神を崇拝したため滅ぼされたというがこの異教の神とはマルドウクと子・ナブのこと
ヘブライ語でソドム(秘密の全体)とゴモラ(ラーの民)は「ラーの民の秘密」と云う意味
ソドムとゴモラにはサタン・ダビデの軍事施設他があったのではないかと推測されます

<前1700年頃>
バビロンのハムラビ王がハムラビ法典により善政を行い繁栄する
シュメール法は行動規範ハムラビ法典は罰則規定
バビロニアでは「黒魔術」は法典によって禁じられそれを犯す者は処刑
庶民の間では「白魔術」が公然と行われおもにお清めと魔除けの儀礼を含んでいたと云われている
十七条憲法は行動規範十戒は罰則規定であり天上界の与えられたものの質の違いと導かれた神々の違いが日本民族とユダヤ民族の質の違いとして顕れている

<前1626年頃>
ヨセフ誕生

<前1572年頃>
ヤコブ死去

<前1516年頃>
ヨセフ死去
ヨセフは110歳で死去

<前1430年頃>
モーセ誕生
記紀による歴史の改竄があり正しくは神武天皇に相当するベリアがヨブ一族を従えて日本に向け出立した頃に相当

<前1400年頃>
出エジプト
金星の地球接近
モーセ様の奇跡
彼(モーセ)はパロとその家来達の目の前でつえをあげてナイルの水を打つと川の水はことごとく赤くなった
雹はエジプト全国にわたってすべての畑にいる人と獣を撃った
三日の間人々は互いに見ることもできず

<前1393年>
ニビル星の飛来
ヨシュアのカナン入りその後まもなくこの事件を目撃
日はとどまり月は動かなかった
日は中天高く留まり日がな一日沈み行くことを急がなかった
日が天の中空にとどまって急いで没しなかったことおおよそ一日であった
古代インカ帝国の15代目の皇帝の治世の3年目(前1394年頃)には、日の出が20時間も遅れたとあり聖書と記述が一致
ニビル星の飛来によるもの

<前1379年>
アクエンアテン即位し有翼円盤に象徴されるアテン神の一神への信仰を強制

<前931年>
イスラエル王国が南北に分裂

<前721年>
アッシリアにより北イスラエル王国が滅亡
アッシリアの王はサマリアを占領した
彼はイスラエル人を捕らえてアッシリアに連れて行きヘラ・ハボル ゴザン川・メディアの町々に住まわせた
以後イスラエル十部族が70年間にわたり捕囚

<前713年>
ヒゼキア王の時アッシリアのセナヘリブ王が南ユダを攻める
この時代が預言者イザヤが活躍した
イザヤの子3人(男子2名・長女)が日本へ

<前700年頃>
ティルムン王ウヘリがアッシリアのサルゴン大王に貢ぎを納める

<前689年>
アッシリアのセンケナブリ王は難攻不落のバビロンを攻略し全メソポタミアを支配下におく
マルドウク神がバビロンの王と民に愛想を尽かし放棄したためバビロンは滅びる

<前660年>
神武天皇が即位
藤原氏により歴史の改竄が在り正しくはユダ一族が日本に渡来
イスラエル十部族の捕囚期間70年間が終わる

<前597年>
第一次バビロン捕囚
新バビロニアのナブガドネザルはユダ国の王族・司祭・預言者・他の指導者を捕囚

<前587年>
第二時バビロン捕囚
南ユダ王国滅亡
ユダ・ベニヤミン・預言者エレミアは彼らと共にエジプトに逃れる

<前582年>
第三次バビロン捕囚

<前555年>
エル・ランティ様がマルドウク様の養子になる
バビロニア王ネブカドネザルの死後3人の息子は短命
息子が王位に就くことを条件にシンの高位の巫女が王の代理に昇格
この息子はバビロニアの主神+マルドウクと月神+シンが合体
マルドウクとシンやその父を含めた神々が親しく立っていたの夢を見る

「マルドウクと月神の合体」
そして息子ナブナイドは彼の息子ペルシャザルをバビロニアの摂政としたが大宴会の最中に神の手が現れ壁に「メネ・メネ・テケル・ウ・パルシ」を書く
その時メディア人とペルシャ人により王国は滅ぼされ二分割される
バビロニアをペルシャ・キルキス大王により滅ぼさせたのはバビロンの退廃に嫌気が差したマルドウクである
そのキルキス大王はヤハウエの命に従いイスラエル人を解放したと述べている
ヤハウエ=マルドウク
エルランティ=月神・シンが神々の主(大天使長エンリル職)に就任
知恵の神ナブーはエンキ職=トウトを襲名して新バビロニアを建国し自分こそはヤハウエであると宣言

<前552年頃>
孔子生誕

<前515年>
50年後
ペルシャに捕囚を解く

<前486年頃>
シッダルター生誕

<前384年頃>
アリストテレス生誕

<前332年>
マケドニアのアレクサンダー大王に席巻

<前2年>
エル・ランティ様が王位を継承
四代目のヤハウエとして天を治めるべく王位を継承したのは西暦前2年です
それと共に七大天使も世代交代をしたのです

<後70年>
ローマの支配に抵抗ユダヤ人はマサダの砦にたて籠もったが全員自害

<後313年>
キリスト教がローマ国教となりユダヤ人迫害が始まった


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します