「まつろわぬ神|星の神」


「まつろわぬ神」
天津甕星(あまつみかぼし)は日本神話に登場する「星の神」です
別名
「天香香背男(あめのかがせお)」
「星神香香背男(ほしのかがせお)」
「香香背男(かがせお)」

日本書紀の葦原中国平定にのみ登場します
経津主神(ふつぬしのかみ)と武甕槌命(たけみかづちのみこと)=鹿島神(かしまのかみ)は不順(まつろ)わぬ鬼神等をことごとく平定し草木や石までも平らげましたが星の神の香香背男だけは服従しなかったので倭文神(しとりがみ)と建葉槌命(たけはづち)を遣わし懐柔したと云われています
第二の一書では天津甕星は天津神となっており経津主神と武甕槌命がまず高天原にいる天香香背男の別名である天津甕星と云う悪い神を誅してから葦原中国平定を行うとも云われてます

+++

経津主神は武甕槌神と関係が深いとされ両神は対で扱われることが多いです
経津主神を祀る香取神宮と武甕槌神を祀る鹿島神宮とが利根川を挟んで相対するように位置することがあげられます
春日大社では経津主神が建御雷神らとともに祀られてます
香取神宮と鹿島神宮のある常総地方が中臣氏(藤原氏)の本拠地だったため両社の祭神を勧請したものであると云われてます
春日大社の鹿は鹿島神宮の鹿が移られてきたとも云われてます
鹽竈(しおがま)神社でも経津主神と建御雷神が「シオツチノオジ」とともに祀られてます

経津主神の正体や神話の中で果たした役割についてはいくつかの諸説があります
神名の「フツ」は刀剣で物が断ち切られる様を顕していて刀剣の威力を神格化した神とする説と「フツ」は「フツフツ」と沸き上がり「フルイ起す」フツであるとする説や神武東征で武甕槌神が神武天皇に与えた布都御魂(ふつのみたま)の剣を神格化したとする説があります

先代旧事本紀では
経津主神の神魂の刀が布都御魂であると記されてます

古事記では
建御雷之男神の別名が建布都神(たけふつのかみ)または「豊布都神(とよふつのかみ)であるとして建御雷之男神が中心となって葦原中国平定を行うなど建御雷之男神と経津主神が同じ神であるかのように記されています
布都御魂を祀る石上神宮が物部氏の武器庫だったとされることから経津主神も本来は物部氏の祭神だったが後に擡頭する中臣氏(藤原氏)の祭神である建御雷神にその神格が奪われたと考えられてます

+++

神名の「ミカ」とは厳(いか)の意であり天津甕星は金星を顕していると云われてます
「カガ」は輝くの意で星が輝く様子を顕したものであると考えられてます
星や月を神格化した神は世界各地に見られ特に星神は主祭神とされていることも多くあります

「日本神話」においては
星神は服従させるべき神すなわち「まつろわぬ神」として描かれてます
星神を信仰していた部族があってそれが大和王権になかなか服従しなかったことを顕している云う説があります
全国の星神社や星宮神社の多くは天津甕星を祭神としてます

神仏習合の発想では
北極星を神格化した妙見菩薩の化身とされることもあります


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

LOHACO

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します