「堕天使|創世の記憶」


「さぁ人の子(娘)らの中から我(天使)らの妻を選び子をつくろうではないか」
「あなた(天使)方はこれを行うことは好まず私(天使の一人)だけがこの大罪に処罰されるのではないかと心配だ」
「全員(天使)で誓うおうではないか」
「決してこの計画を必ず実行すること」
「これを破る者には災いがあるようにと」

こうして彼(天使)らは誓いをたてこれを破る者には災いがあるようにと呪いをかけ異口同音に応えました
そうして彼(天使)らの数は200人はヤデレの時代にヘルモン山の頂に降り立ちました
そして降り立つと周囲には美しい地上の娘たちがいました
そこでサマエルと云う一人の天使は女性の祖エヴァを誘惑をしたと伝えられてます

+++

「創世記」には
地上に人が増え始め娘たちが生まれた
神の子らは人の娘たちが美しいのを観ておのおのの選んだ者を妻にした
これらの存在を「堕天使」と云います

「シェミハザ」
「アレスティキファ」
「アルメン」
「コカビエル」
「トゥルエル」
「ルムヤル」
「ダネル」
「ヌカエル」
「バラクエル」
「アザゼル」
「アルメルス」
「バタルヤル」
「バササエル」
「アナニエル」
「シマピシエル」
「イェタルエル」
「トゥマエル」
「タルエル」
「ルマエル」
「イゼゼエル」

「イェクン」
神の子らを惑わし地上に引き下ろし人の娘らによって迷わせた

「アスベエル」
聖なる神の子らに悪知恵を吹き込み惑わし人の娘らによって自分らの身を穢すようにさせた

「ガデルエル」
死の打撃のすべてを人の子らに観せエヴァを拐かし殺戮の武器を人の子らに視せた
すなわち盾と甲冑・戦闘の剣・あらゆる殺戮兵器を人の子らに示した

「ペネム」
人の子らに苦しみと甘みを教え彼らの叡智の秘密のすべてを教えた

+++

至高者より堕天使たちのおこないに対して
大いなる滅亡が全地に臨む
大洪水が起こり地上には大いなる罰が下され地はすべての穢から浄められる
これらはノアの方舟=大洪水以前の創世の記憶です

+++

エノク書
ヴォイニッチ写本
至高者
天使=堕天使


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

LOHACO

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します