「神人合一」


大宇宙と自己とが一体になった時に宇宙無尽臓の無限のエネルギーが自己に注ぎこまれます
魂とは宇宙大生命意志の分霊であり魂には純正にして希望の下絵をつくる能力をもち大宇宙の存在と云う分霊の神意を持ち大愛を含む偉大な創造能力をもちます
前進する勇氣をもって進化(神化)に挑み万物万象を調和と共生へと導くことです
多くの人は表層から自己を限定し自己の枠をつくり物質現象から知り得た小さな体験に悩み・苦しみ・悲しみ・ためらい・怒り・愚痴り卑小な自己を自ら形成してとらわれ・こだわり・片寄るものです
見えない意識・動機・思いと云う行為に先立つ感じる意識や感受性が進化(神化)の原動力でありこの意識に我執・保身などから自己の魂を曇らせてはならずその曇りが魂に分与された偉大なる能力を封じ込めてしまうものです

+++

人の意識は瞬間瞬間刻々に様々に変化し時間時空と空間の中で目くるめく変化をして留まることを知りません
意識の質が大切であり感謝と云う意識に裏打ちされていれば仮に上司から怒鳴られてもその上司を気遣い平然としてそれにとらわれたり何時までもこだわったり心をかき乱すことがありません
想念で物事を捉えていれば上司の罵声は破壊と映り逆襲してさらに事態を深刻・複雑な状況に追い込んでしまうものです
意識の質が融合・融和の宇宙大意識に徐々に浸透していくことで魂が励起され魂の希いと云う強力な意識波動が新たなる開かれた現象を呼び込んでくるものです
生命の存在無くば一切は成立せず政治も経済も科学も成しようもありません
宇宙と自己の繋がりの自己認識とは教えられるものでなくその道筋は自己が発見し開拓していくものであり天に上下無く人そのものに価値があるのです
自己が無ければ世界は見えず自己が無ければその世界は無です
だからこそ世界の中心に居えられた自己とは何故に世界の中心に居るのかを自ら問い掛ける必要があるのです
自己は両親から生まれますが意識はどうやって両親から戴いたのでしょうか
見えない意識とは普遍でありこの意識は今ここにありこの意識の存在は正しく奇跡です
意識は今ある世界を認識しその認識の内容は自己感覚に自由に任され世界をハッピーに観ることも荒んだ世界と認識することも全く自由であり自己とは世界をどう認識するかでは無く世界を自己の内にどう創造するかを任されていると云うことです
道かう通りすがりの人も自己の世界の一員であり他人と過して見るか心で挨拶するかも自由です

+++

天・地・人とは観念的に天なる父と母なる大地そして私たち自身(吾)の三者の関係を云います
天・地・人の関係とは天と地とを吾が繋ぐことであり繋ぐ役割が私たち自身人です
吾とは天なる見えない広大な生命意識と地なる物質現象界を一本に繋ぐ人神であり両者の繋ぎを自己の腹中に収める行司役でもあります
天・地・人は自己の中にあってその繋ぎの焦点はアジーナチャクラと仙骨です
クンダリーニ覚醒は地から生じ脊柱を昇ってアジーナでまばゆい光輝となります
脊柱は人体の天御中主(アメノミナカヌシ)です
天からの光明を追い求めるばかりでは頭でっかちの人格となり精神性主義にしか眼中に入りらず地の氣である物質現象界とそのエネルギーにのみ価値を追い求めるのならそれもまた生活力旺盛なる野人として成立し大宇宙の多様な進化(神化)や大調和をイメージする能力にかけてしまい天・地・人とは自己がその内に繋いで初めて成立するものです
天と地の氣を繋ぐ回路は脊柱にあり天地の融合を図るのは繋ぐと云う積極的な人の意識であり自己の魂にその繋ぎの天命として浸透させるのは随意なる呼吸法を活用することです

+++

仕事に打ちひしがれてあえぎ・愚痴り・恨む精神構造や恋人に裏切られ悲しみ・苦しみに浸っている停滞の意識ではなく自己の存在自体が信・善・美が実相であり生き生きと充実し自己の能力を発揮し喜びと感動と祝福に生きることが生命の本性です
天・地・人の縦の繋氣によってはじめて人は人神としての自己の役割を果たし同時に人神としてのスタートを切ることができ横の繋氣の完成が万物融和です
現象界では意識波動と物質波動が綾を成し波動の場は量子化され現象を引き起こします
現象界は横の繋氣から関係・大自然・調和・万物共生が人神から発せられます
愛と調和の万物共生の繋氣が人神の第二の役割であり縦の天地融合につづいて横の万物融和と云う意識の方向は天地上下の繋氣のエネルギーを持って万物左右を繋ぐことです
このクロス十字の繋ぎが要でありその中心点が吾です
大なる地球平和の希いはもとより環境再生の希いそして病人の回復の希いあるいは自己細胞の活性の希いそれは生き生きとして相和し進化発展の意識であれば宇宙大生命意志は人神にその無尽蔵のエネルギーを惜しみなく与えその希いの造化作用は確信の強さであり意識ゼロ次元(魂)に同化したとき物質自由度が増します

+++

意識の大原則とは
一切を受け入れる
一緒になろうね
最もプリミティブな意識を常に維持し反復しゆがめてはなりません
天・地・人を繋いだ人神はその創造能力から魔が差すことがあります
それは心の傲慢さであり謙虚と云う心の態度も必要ですが病人を癒しても治ってくれてありがとうと感謝と祝福の言霊を自ら発することにより言霊の自浄作用で自己の魂は曇らないものです
リセットとは肉体には効かず過去の肉体は二度と戻りませんが精神意識には時間時空を超えて過去に癒しの光を与え変えられるものでありリセットとは意識に何度でも通用しこれが反省行です
神人合一とは大宇宙の意識と一体になった素晴らしい氣から天・人・地を繋ぎ与えられた偉大な創造能力から世界を愛と調和の万物共生の進化(神化)へと繋いでいくことであり生命の繋ぎとは全てを受け入れる・一緒になると云うがの核心です


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

7net

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します