「秩父三社」


鈴木慧星による八百萬の神々の神上(昇天)の神事を一部ご紹介してます
今回は以下の秩父三社の「神上|昇天」を執り行いました

+++

「宝登山神社」
御祭神
神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと/神武天皇)
大山祗神(おおやまづみのかみ)
火産霊神(ほむすびのかみ)

社伝より
景行天皇41年(111年)天皇の皇子「日本武尊」による東征の際に尊が遥拝しようと山頂に向っていると巨犬が出てきて道案内をしました
その途中東北方より猛火の燃えて来るのに遭い尊の進むことも退くこともできない状態になってしまいました
すると巨犬が猛然と火中に跳入り火を消し止め尊は無事頂上へ登り遥拝することができました
尊は巨犬に大いに感謝したところ忽然と姿を消しました
このことから「火止山」の名が起きのちに「宝登山」となったと云われてます
巨犬は「大山祇神」の神犬であった事を知り防火守護のため「火産霊神」を拝してその後山麓に社殿を建て三神を鎮祭しことが起源であると伝えられてます

+++

「秩父神社」
御祭神
八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)
知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)八意思兼命の十世孫「初代知知夫国造」
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
秩父宮雍仁親王

社殿と参道の南側延長線上に武甲山(武光山・秩父嶽・妙見山)があり武甲山を神奈備として遥拝する聖地であったと伝えられてます

+++

「三峯神社」
主祭神
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉册尊(いざなみのみこと)
配祀神
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)
天照大神 (あまてらすおおかみ)

社伝より
景行天皇の時に「日本武尊」が東征中に碓氷峠に向かう途中現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建した伝えられてます
景行天皇の東国巡行の際に天皇は社地を囲む白岩山・妙法山・雲取山の三山を賞でて三峯宮の社号を授けたと伝えられてます
伊豆国に流罪になった役小角が三峯山で修業をし空海が観音像を安置したと縁起には伝えらてます
三峯の地名と熊野の地名の類似より三峯の開山に熊野修験が深くかかわっていました
熊野には大雲取・小雲取があり三峯山では中心の山を雲取山と呼んでます

+++

秩父札所巡りの旅行ガイド


関連記事一覧


無料メルマガ

お名前

メールアドレス


(ドメイン satose.jp 受信設定)

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場

Y!ショッピング

Y!トラベル

ブログポリシー

鈴木慧星の名称およびブログの全部または一部をリンク・複製・引用・転用・転載・改変・アップロード・掲示・送信・頒布・販売・出版等を一切禁止します

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用規約ならびにソーシャルメディアに関するポリシーおよびルールとマナーに違反する行為等を一切禁止します